2度の「待った」に行司が激怒 大きな力士もビビる声にファンまで「激おこだ」「こ、怖い」

<大相撲九月場所>◇四日目◇15日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・宇良(木瀬)と前頭五枚目・千代翔馬(九重)の一番で、立ち合いが2度続けて不成立となり、行司が語気を強めて注意する一幕があった。視聴者からは「激おこだ」「こ、怖い」といった声が寄せられた。

【動画】行司の激おこシーン

 1度目の立ち合いで、手をついた千代翔馬が先につっかけてしまうと、行司の木村晃之助は「まだまだ」と制するように一言。一礼した千代翔馬は立ち位置に戻り、あらためて蹲踞の姿勢をとった。だが2度目の立ち合いでも同じように千代翔馬がつっかけてしまい、木村晃之助はさらに険しい表情を浮かべながら「まだまだ!合わせて!」と語気を強めて注意した。

 2度続けて立ち合い不成立となり、行司が厳しく注意するシーンを受けて、ABEMAで実況を務めた市川勝也アナウンサーは「晃之助さんからも強い口調で言葉が飛んでいます」とポツリ。同じく解説を務めた元前頭・玉飛鳥の熊ヶ谷親方も「立ち合い、先に立ちたいと思うんですけどね。相手もいますから、しっかりと合わせないとダメですよね」と語った。

 怒りを見せるように大声を上げた行司の姿に、ファンも「激おこだ」「プンプン」「こ、怖い」「まだまだ合わせて」とざわついていた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】行司の激おこシーン

2度の「待った」に行司が激怒 大きな力士もビビる声にファンまで「激おこだ」「こ、怖い」
行司の厳しい表情
ABEMA