完全覚醒・佐々木勇気七段、本戦で無傷の7連勝 高見泰地七段にも圧勝/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 プロ将棋界唯一の団体戦「お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント決勝、チーム藤井とチーム木村の対戦が9月18日に生放送され、第3局でチーム木村・佐々木勇気七段(27)がチーム藤井・高見泰地七段(28)に88手で勝利した。佐々木七段は、本局が本戦7局目ながら圧巻の7連勝。フィッシャールールで完全覚醒したその強さがさらに溢れ出た。

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村

 先手番も後手番も関係ない。鋭い強さが、相手の得意戦型も破壊した。後手番から、高見七段の得意とする矢倉を受けて立つ格好になったが、序盤の駆け引きを終えたあたりから冷静かつ鋭い指し手で一気にリード。早々に掴んだ勝機を離さず、高見七段に逆転のきっかけを一切与えなかった。

 解説を務めた森内俊之九段(50)も「高見七段が得意の矢倉になったんですが、佐々木七段が用意していた作戦をぶつけて、中盤で駒得になって有利になりました。非常に強い勝ち方」と、後手番での完勝を絶賛していた。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)
 

お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村
お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村