藤井聡太三冠、決勝で3連勝!個人・団体4連覇に王手/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 プロ将棋界唯一の団体戦「お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント決勝、チーム藤井とチーム木村の対戦が9月18日に生放送され、第7局で藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が木村一基九段(48)とのリーダー対決に111手で勝利、同日無傷の3連勝を果たした。これでチームは4-3で優勝まであと1勝。藤井三冠は、個人・団体合わせて4連覇に王手をかけた。

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村

 ここ一番で強さが増すからこそのヒーローであり、スターだ。予選、本戦と黒星がつくこともあった藤井三冠だが、決勝の舞台に立つと、またその力が増すかのように、相手を圧倒し続けた。本大会、個人としては最後の一局は、20日の順位戦B級1組でも対局するタイトル経験者の木村九段が相手。昨期は王位のタイトルも争った好カードにもなったが、先手番から安定感抜群の指し回しを見せ続けた。相掛かりの出だしから変化の多い展開にもなりつつ、中盤からリードするとそこからは隙のない終盤に。最後まで揺るがない懐の深さも感じさせる将棋で、決勝の舞台で個人3連勝を果たした。

 個人戦だった第1回と第2回、団体戦となった第3回と、全てで頂点に立った藤井三冠。優勝に王手をかけた状態で仲間にバトンを渡すことになったが、その表情は優勝を信じた笑顔で満ちていた。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)
 

お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村
お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村