藤井聡太三冠、深夜の熱戦で木村一基九段下す 4勝1敗で昇級争いピタリ追走/将棋・順位戦B級1組

 将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が9月20日、順位戦B級1組で木村一基九段(48)に87手で勝利、今期成績を4勝1敗とし、自身初のA級入りに向けて一歩前進した。序盤からリードを奪ったものの、中盤から終盤に入ったところで一度はほぼ互角まで追いつかれる苦しい展開に。それでも夜遅くなってから再び突き放し、大きな1勝を手にした。

【中継】順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段

 相掛かりで始まった一局は、序盤から木村九段が積極的な攻めの手を選択。これに藤井三冠が冷静に対応し、早々にリードを奪った。スローペースで進んだ一局は、夜戦に入るまでそのままの状態を保ったが、終盤に向かうにつれて木村九段の粘りにあい、難しい展開に。それでももう一度立て直し、再度リードを奪った後は確実にその差を広げて押し切った。対局後に藤井三冠は、「まだまだ先は長いですが、一局一局を大事にしてやっていけたらと思っています」と語った。

 これで藤井三冠は4勝1敗となり、千田翔太七段(27)と星勘定では並ぶことに。ただ、前年成績を元にした順位では下回るため、現段階では5連勝の佐々木勇気七段(27)、千田七段に次いで同級3番手。上位2人までが昇級となるため、このままでは昇級を逃すが、今後は直接対決があるため、自力昇級の可能性が残っている。

 藤井三冠は今期昇級を果たし、来期A級で名人挑戦権を獲得、奪取に成功すれば谷川浩司九段(59)が持つ21歳2カ月という最年少名人記録を塗り替える。
(ABEMA/将棋チャンネルより)
 

藤井聡太三冠、深夜の熱戦で木村一基九段下す 4勝1敗で昇級争いピタリ追走/将棋・順位戦B級1組
第80期 順位戦 B級1組 第5回戦 藤井聡太三冠 対 木村一基九段
ABEMA
藤井聡太三冠、深夜の熱戦で木村一基九段下す 4勝1敗で昇級争いピタリ追走/将棋・順位戦B級1組
お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村
ABEMA