守備妨害?の問題プレーに球審が走者と激突&転倒 ハプニング連発のプレーに川崎宗則氏「やってる!やってる!」とテンションMAX

【米大リーグ】ホワイトソックス12-6アストロズ(10月10日・日本時間11日/シカゴ)

 めったに見られないハプニング連発のシーンに、思わず“ムネリン”もテンションMAXだ。ホワイトソックスが7-6と1点リードして迎えた4回無死一、三塁の場面で、4番グランダルが一塁へのゴロを打った際、アストロズのファースト・グリエルがバックホームしたものの、これがグランダルの左肩付近に当たり、ボールはファウルグラウンドへ。さらに三塁走者だったロベルトが豪快にスライディングした後に、ハリオン球審と激突した。激レアシーンの連発に、元メジャーリーガーの川崎宗則氏が「やってる!やってる!やってる!」と声を張り上げた。

【動画】メジャー史に残る問題のプレー

 あまりにもレアなシーンの連発に「チェスト!」どころではなかった。まず問題になったのが、打者走者だったグランダルのプレー。本来、野手のプレーを邪魔しないように、ラインの外側を走らなくてはならないが、バッターボックスから数メートル進んだ後でも、はっきりフェアグラウンドを走っており、これがグリエルの邪魔となって、送球が接触。視聴者からも「あんな内側おかしい」「絶対わざとやんw」「この走行ラインは問題だよ」と不満が噴出していた。ところが、このプレーをジャッジするはずだった球審は、三塁走者と激突してしまい、グラウンドにゴロリ。これには「アンパイアかわいそう」「球審かわいそ」と、同情の声も集まっていた。

守備妨害?の問題プレーに球審が走者と激突&転倒 ハプニング連発のプレーに川崎宗則氏「やってる!やってる!」とテンションMAX

 ただ、現地中継が改めて問題のプレーをリプレイで流すと、川崎氏は「すごかったですね。すっちゃかめっちゃかで。やってる!やってる!やってる!にぎやかですね。祭りですね」と大興奮。さらにグランダルの走塁については「これはどうなんですかね。そりゃ体当たりしてきたら大変でしょうけど、このプレーはいろいろ納得いかないなあ」と、ビデオでの確認もなしに試合が再開したことに、首をひねっていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】球場に現れた謎の“魔法使いおじさん”
【動画】球場に現れた謎の“魔法使いおじさん”
ABEMA
【動画】メジャー史に残る問題のプレー
【動画】メジャー史に残る問題のプレー
ABEMA