ベンチ全員「回れ!回れ!」メジャーリーガーが興奮MAXで腕をグルグル「喜び方かわいいな」
番組をみる »

【米大リーグ】レッドソックス2-9アストロズ(日本時間20日/ボストン)

 屈強なメジャーリーガーたちが、勝負を決める一打にベンチも興奮MAXだ。ア・リーグのリーグチャンピオンシップの第4戦で、9回にアストロズ打線が大爆発。一挙7点を奪い接戦を制したが、その差を大きく広げる一打が飛び出た瞬間、ベンチの監督、コーチ、選手たちが大盛り上がりとなり、選手たちが揃ってランナーコーチばりに腕をグルグルさせるコミカルなシーンが誕生した。

【動画】ベンチで選手が腕をグルグル

 場面はアストロズが3-2と1点を勝ち越した後の2死満塁。2番・ブラントリーの放った打球は、右中間を深々と破った。この当たりに走者が次々と生還。一塁走者のアルトゥーベも悠々と生還し、点差を4点に広げる大きな3点タイムリーとなった。

 1回に先制こそしたものの、すぐに逆転されてから2回以降ずっと苦しい展開で戦い続けていただけに、アストロズベンチの感情が爆発。ベイカー監督も両手の拳を握りしめると、選手たちはベンチの中、外で多くの選手が「回れ!回れ!」と言うように全力で腕を回し続けることに。走者が全員戻ってきたことを見届けると、このイニングの猛攻の口火を切ったコレアも豪快なガッツポーズを見せていた。

 視聴者にとっては、アストロズの猛攻に驚くとともに、揃いも揃って腕を回し続ける様子がコミカルに見えたようで「ベイカーあんな喜ぶんだ」「喜び方かわいいな」といった感想が多く寄せられていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】ベンチで選手が腕をグルグル
【動画】ベンチで選手が腕をグルグル
【動画】カメラだけが気づいていたミスジャッジ
【動画】カメラだけが気づいていたミスジャッジ
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE