「これはやってますね」解説者がメジャーリーガーの“ホッケー打法”に注目「返しですね」
番組をみる »

【米大リーグ】ドジャース2-9ブレーブス(日本時間21日/ロサンゼルス)

 ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第4戦で、ブレーブスの選手が見せた技ありのバッティングに、解説を務めた元メジャーリーガーの五十嵐亮太氏が「アイスホッケー打法」だと舌を巻く一幕があった。

【動画】秘打?“ホッケー打法”

 5-2とブレーブスがリードして迎えた9回、ブレーブスは無死2塁から2番のフリーマンが外角高めのボールをライトに弾き返すと、打球はワンバウンドでスタンドへ入るタイムリーツーベースとなった。試合を決定づける貴重な追加点を生み出したのは、左打者であるフリーマンがフルスイングではなく外角球を引っ掛けるように手首の返しで飛ばした技ありの一打。これにはチームメートで同じ左打者のピーダーソンもベンチ前で「こんなバッティングだったよ」とでも言っているかのようなジェスチャーを見せた。

 実況が「バットコントロールがうまいわ」と感心すると、五十嵐氏も「うまいですね。ただ(バットにボールを)乗せただけですもんね」としながら「これホッケーやってますね。見ました? ちょっとタイミングずれているんだけど、最後返しているんですよ」とバットにボールが当たる瞬間のバット操作について解説を始めた。五十嵐氏はプラスチックバットを持ちながら実演。そしてやはり「アイスホッケーのスイング見たことあります?知っている人はわかると思うんですけど、今の返し方は完全にアイスホッケー」と持論を展開した。コメント欄には「へー」「ホッケーね」と感心する声や、「フィールドホッケーっぽい」という意見も上がっていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】秘打?“ホッケー打法”
【動画】秘打?“ホッケー打法”
【動画】華麗なホームランキャッチ
【動画】華麗なホームランキャッチ
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE