打った本人が「WHY?」打球を見失う珍事! まるで神隠しに「めっちゃ上見てるw」驚きの声
番組をみる »

【米大リーグ】ドジャース11-2ブレーブス(日本時間22日/ロサンゼルス)

 ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第5戦で、打者がヒットを打ったにもかかわらず打球を見失い、一塁に走りながら「WHY?」、さらに塁上でも「WHY?」と困惑する珍しい場面があった。

【映像】打球を見失い“真上”を見上げるベリンジャー

 ドジャースリードで迎えた5回、7番・テイラーがこの時点でこの日2本目、5打点目となる2ランを放ちドジャースが6-2とリードを広げる。続くバッターのベリンジャーは、4球目を詰まりながらもセカンドとライトの間に落ちる右前打を放った。

 しかし、打った瞬間ベリンジャーはなぜか真上を見上げて走らない…。明らかに打球を見失った様子のベリンジャーは、ヒットになったことに気づくと「WHY?」とでも言っているかのように両手を広げながら一塁に向かった。そして一塁塁上でも「何が起こった?」と言わんばかりに両手を広げてポーズ。その後、ファーストのフリーマンと「まいったなぁ」といった感じで談笑していた。

 これには実況の近藤アナも「打ったあと自分の打球がどこに行ったのかもわかっていないようでした」と指摘。解説を務める元メジャーリーガーの川崎宗則氏も「上向いてましたね。どこいった?って探してましたね」と笑った。コメント欄でも「めっちゃ上見てるw」など、白熱のプレーオフで起こったコミカルなプレーにツッコミの声が上がっていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】打球を見失い“真上”を見上げるベリンジャー
【映像】打球を見失い“真上”を見上げるベリンジャー