ピンチの場面で三振ゲッツー! ピッチャー→ショート→キャッチャー→監督の“4連ガッツポーズ”にファン「かっこいい」
番組をみる »

【米大リーグ】アストロズ5-0レッドソックス(10月22日・日本時間23日/ヒューストン)

 アルバレスの4安打にタッカーの本塁打と、攻撃面で華々しい見せ場をつくってファンを沸かせ、ワールドシリーズ進出を決めたアストロズ。そんなア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第6戦は、アストロズナインが垣間見せたスーパープレー、一帯感が視聴者をさらに沸かせることとなった。

【映像】マウンドの選手が“連続ガッツポーズ”

 アストロズ2-0で迎えた7回表のレッドソックスの攻撃。アストロズ3番手のグレーブマンは、先頭の4番ボガーツに粘られるも、見逃し三振に。しかし、続く5番のマルティネスにじっくりと見極められて四球を与えると、さらに6番バードゥーゴには2球目をライト前に運ばれ、一死一・三塁に。ゲーム終盤にして、長打が出れば同点、ホームランが飛び出せば一挙に逆転という大きなピンチを迎えた。

 ここでレッドソックスベンチが動き、ショーを代打に送って勝負に出る。苦しいピッチングが続くグレーブマンは、ショーにボールを見られて3-1とカウントを悪くし、絶体絶命のピンチに。続く5球目はショーが外角の球を見送って3-2となり、フルカウントから投じた勝負の6球目。グレーブマンが投じた外角高めの球に、ショーのバットは空を切った。しかも、ここで一塁ランナーのバルドゥーゴがスタートし、まさかの盗塁死。三振ゲッツーという、アストロズからすれば最高の形でピンチを切り抜けることに成功した。

ピンチの場面で三振ゲッツー! ピッチャー→ショート→キャッチャー→監督の“4連ガッツポーズ”にファン「かっこいい」

 三振を奪ったグレーブマンは、マウンド上で雄たけびを上げてガッツポーズ。すると、ショートのコレア、自身の肩で一塁ランナーを刺したキャッチャーのマルドナドもこれに続き、全身で興奮をあらわにした。さらに、現地カメラにはベンチで右腕を突き上げるベイカー監督の姿も。この場面に、視聴者からは「まじかよ」「かっこいい」「アストロズつえー」「コレアタッチが速いよね。大谷の時も思った」「完璧な送球」といった驚きと称賛の声が相次いだ。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

アルバレスの特大ファールにファン驚愕
アルバレスの特大ファールにファン驚愕
トリックプレー? アルバレスが好走塁でホームイン
トリックプレー? アルバレスが好走塁でホームイン
SPOZONE
SPOZONE