「入ったか!? …入った、入った!」 アストロズのWS進出を決定づけた3ランに実況「一瞬言葉が出なくなりました」
番組をみる »

【米大リーグ】アストロズ5-0レッドソックス(10月22日・日本時間23日/ヒューストン)

 両軍合わせて9投手が粘りの投球で繋ぎ、白熱した展開が続いたア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第6戦。2-0の僅差のまま迎えた8回、アストロズの6番タッカーの劇的な3ランが飛び出し、アストロズが快勝することとなったが、終始緊迫した流れの中での一打とあって、多くの視聴者はもとより、実況も思わず言葉を失うという場面となった。

【映像】タッカーの3ランに実況も言葉が出ず

 アストロズ2-0で迎えた8回裏のアストロズの攻撃。まず先頭の2番ブラントリーが、レッドソックス三番手・ハウクの3球目を叩いてセンターへのヒットで出塁。3番ブレグマンは一塁へのフライで倒れたものの、ここまで3安打と大当たりの4番アルバレスが鮮やかなセンター返しで一死一、二塁とし、チャンスを広げる。

 ここでレッドソックスベンチは、ハウクからオッタビーノにスイッチ。5番コレアに対しては、長打を警戒しての徹底した外角攻めが功を奏して三塁ゴロに打ち取ると、ランナーが入れ替わる形で二死一、二塁に。この場面で登場したのが、この日ヒットがない6番タッカーだった。

 レッドソックスバッテリーは、タッカーに対して1、2球目と内角を攻めて様子を見たものの、タッカーが見送って2-0となったことで、3球目は外角に。これもタッカーが見送ったことで、カウントを稼ぎにきたのか、4球目に投じたのはほぼ真ん中の球だった。しかしタッカーは、この甘く入った球を待っていたかのようにフルスイング。逆方向へと弾き返した打球は快音を残してレフトスタンドへと吸い込まれていく3ランとなった。

 試合を決めたと言っても過言ではないタッカーの一振りに、実況の渡邉直樹氏は「入ったか!? …入った、入った! 3ランショット!」とアナウンスしたあと、ひと息ついて「一瞬言葉が出なくなりましたが、素晴らしいバッティング」とコメント。解説の川崎宗則(栃木ゴールデンブレーブス)は、「(不振だった)タッカーからしたら、やっとで前に飛んだと。タッカーが一番得意な球が来ましたよね。バスケスが要求した高めの球よりもちょっと低かったんですけど、打ったタッカーを褒めましょう」と、その改心の一振りを称賛した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

アルバレスの特大ファールにファン驚愕
アルバレスの特大ファールにファン驚愕
トリックプレー? アルバレスが好走塁でホームイン
トリックプレー? アルバレスが好走塁でホームイン
SPOZONE
SPOZONE