ボールを通りすぎて動きが“カクカク”に…アンラッキーすぎるプレイに川崎宗則「ブレイクダンスしましたね」
番組をみる »

【米大リーグ】ドジャース2-4ブレーブス(日本時間24日/アトランタ)

 ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズ、ドジャースvsブレーブスの一戦は、1-1の同点で迎えた4回裏、ブレーブスがE・ロサリオの2ランホームランで勝ち越すと、その後、先発・アンダーソンの後を4人の投手が粘りの投球で繋いで2-4でドジャースに勝利。ブレーブスが22年ぶりとなるワールドシリーズ進出を決めた。同試合の3回表、ブレーブス・デュバルが見舞われたなんともアンラッキーなひとコマが視聴者の間で話題となっている。

【映像】ブレイクダンス状態のデュバル

 3回表ドジャースの攻撃。打者は先頭の7番ポラック。ブレーブスの先発・アンダーソンは、初球に内角真ん中、続いて真ん中引くめとボールを続け、3球目は内角高めの球に止めたバットに当たってファール、4球目も同じく内角真ん中にやや甘く入ったものの、今度はポラックが打ち損じてファールとなり、カウント2-2の平行カウントに。そしてアンダーソンが投じた5球目、真ん中の甘い球を振り抜いたポラックの打球は、左中間へ。これをレフトのE・ロサリオ、センターのデュバルが共に追いかけるもボールが落ちてヒットに。

 センター・デュバルが打球を処理しようとボールのバウンドに合わせて回り込むも、ここでボールがイレギュラーにバウンドし、挙げ句、スパイクを芝にとられたのか、デュバルは躓くような形で体勢を崩してしまい、バウンドするボールの前を通り過ぎて捕球し損ねるというまさかのプレイに。これを見たレフトのE・ロサリオが慌ててボールに追いついて返球するも、打ったポラックは悠々二塁へと到達。なんとも珍しいツーベースヒットとなった。一方、デュバルはE・ロサリオに慰められるように背中を叩かれつつ、しきりにグラウンドの荒れ具合を気にするような素振りを見せた。

 このプレイについて解説の川崎宗則氏(栃木ゴールデンブレーブス)は、打った好調ポラックを「状態いいですね。狙い球を、ポラックはまっすぐをしっかりと前に飛ばす。これをこの前の試合からですけど、決めてますよね」と称賛しつつ、デュバルのプレイについては「デュバルはちょっとブレイクダンスしましたね。“I'm Michael Jackson”って言います、こういうとき、僕」とコメント。視聴者からも「すべったー」「足首大丈夫w」「マイケル・ジャクソンwww」「ブレイクダンス」といった様々な反響が相次いだ。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】ブレイクダンス状態のデュバル
【映像】ブレイクダンス状態のデュバル
【映像】自打球があわや安打に…「クリロナばりダブルタッチ」の珍事
【映像】自打球があわや安打に…「クリロナばりダブルタッチ」の珍事