近藤誠一の“夢芝居”ついに第一幕が開演 豪腕炸裂の今期初勝利にファン「誠一さんおかえり」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ようやく黄金の左手が炸裂した。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」11月16日の第1試合では、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)が嬉しい今期初勝利。勝利者インタビューでは照れながらもキュートなポーズを決めてファンを大いに盛り上げた。

【動画】初勝利に笑顔が見えた近藤誠一

 起家からKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、近藤、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)の並びで始まった当試合、近藤は序盤から攻め続けた。東1局9巡目、親の岡田がリーチをかけると、すぐさま近藤も追っかけリーチ。近藤の欲する牌が、その岡田から一発で零れ落ちると、リーチ・一発・平和・タンヤオ・一盃口・赤・ドラの1万2000点が完成した。

 東2局、東3局は亜樹がそれぞれ8000点、4000点をツモ。近藤はトップの座を譲ることになるも、ここからが百戦錬磨の男の本領発揮だ。南1局、またしても親の岡田が7巡目でリーチをかけた中、同巡で追いかけるとリーチ・ツモ・タンヤオ・裏ドラの8000点。自身が親の南3局1本場では流局の後の1本場で白・赤2・ドラ3の1万8000点(+300点)を手繰り寄せ、ファンを「誠一さん!誠一さん!誠一さん!」「10万点行こう!」と興奮させた。結局、亜樹の粘りもあって10万点には届かなかったものの、ラストも七対子のみの1600点(+300点)をアガって自ら閉幕。同時に安堵の表情を浮かべると、今期8戦目での初勝利にファンからは「よかったわ」「せーさんナイス」「やったー!泣ける」「近藤さんおめ」「誠一さんおかえり」といったコメントが寄せられた。

近藤誠一の“夢芝居”ついに第一幕が開演 豪腕炸裂の今期初勝利にファン「誠一さんおかえり」/麻雀・Mリーグ

 前回の登板時、近藤にはツモリ四暗刻のチャンスがあった。勝利者インタビューで、それが「浮上のきっかけか?」と問われると、近藤は「あれがきっかけかは分かりませんが、手が入りましたね」と回答。チーム10試合ぶりの勝利に「気持ちを新たに」と気を引き締め、「ポーズをするんでしたっけ?」「久しぶり過ぎて忘れてしまいました」と照れ笑いしながらも闘牌を続けた左手ではなく右手でお馴染みポーズを決めた近藤に、ファンは「かわいーー!」「ラブリー誠一」「可愛すぎる」と大絶賛だったほか、コメント欄には「今日は美味いビールすね」と激闘をねぎらう声も目立った。

【第1試合結果】

1位 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)5万7200点/+77.2
2位 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)4万6000点/+26.0
3位 U-NEXT Praties・石橋伸洋(最高位戦)6900点/▲33.1
4位 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)-1万100点/▲70.1

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】初勝利に笑顔が見えた近藤誠一
【動画】初勝利に笑顔が見えた近藤誠一
【動画】早くも4勝目に口も滑らかな沢崎誠
【動画】早くも4勝目に口も滑らかな沢崎誠