両力士に声を掛ける場面も……立ち合い不成立で響き渡る“まだ!まだ!”の声に相撲ファン「行司おこです」
番組をみる »

大相撲十一月場所>◇七日目◇20日◇福岡・福岡国際センター

 前頭十二枚目・石浦(宮城野)と前頭十三枚目・栃ノ心(春日野)の一番で、立ち合いが不成立となり、行司が「まだ!まだ!」と語気を強めて注意する一幕があった。視聴者からは「行司おこです」「元基さん、おこっ」といった声が寄せられた。

【動画】行事が注意する一幕

 1度目の立ち合いはタイミングが合わなかった両者。行司の木村元基は「まだ! まだ!」と制するように一言発してから、土俵の中央で両者に声を掛けた。2回目は立ち合いが成立し、攻防戦が続いたが、最後は栃ノ心が、石浦を寄り切りで下した。栃ノ心は2勝2敗3休、石浦は3勝4敗となった。

 ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「胸があってしまうと石浦は何も出来ませんよね。差すなり下に潜っていきたいですけどね」と石浦の敗因について分析。一方、腰を痛めて休場していた栃ノ心に対しては「勝ったには勝ちましたけど、栃ノ心心配ですね」とコメントし、実況を務めていた登坂淳一アナウンサーも「そうですね。一つひとつの動きが苦しそうでした」と同調していた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】行事が注意する一幕
【動画】行事が注意する一幕