「技ありでしたね!」宇良、巨漢力士に起死回生の勝利も…右腕を極められ視聴者「すげえ角度になったぞ」「怪我だけはしないで」
番組をみる »

大相撲十一月場所>◇九日目◇22日◇福岡・福岡国際センター

 前頭七枚目・宇良(木瀬)が前頭九枚目・碧山(春日野)を肩透かしで下した一番で、宇良の右腕が極められる瞬間があった。取組終了後には右腕を気にするような素振りも見せ、視聴者からは「右腕大丈夫?」「怪我だけはしないで」といった声が寄せられた。

【動画】右腕が極められる瞬間

 立ち合い低い姿勢で相手の懐に入り込んだ宇良だったが、直後に右腕を碧山に極められてしまった。だがその後、極めてきた相手の腕を両手で掴んだ宇良は、狙ったように右からの肩透かしを決めて勝ち星を挙げた。取組終了後、宇良は右腕を気にするようにさすっていた。勝った宇良は7勝目。敗れた碧山は6敗目を喫した。

 勝敗が決すると、ABEMAで実況を務めた清野茂樹アナウンサーは「いやー、技ありでしたね」と宇良を称賛。同じく解説を務めた元前頭の大岩戸も「本当に動きが良いですね。宇良って腕を極められても対処法が上手いですよね」と語り、「極められた時の体の寄せ方、程よく力を抜く方法を知っているんですよ。それでそのまま肩透かしにいった」と解説した。

 宇良の右腕が巨漢力士の碧山に極められてしまうというヒヤリとするシーンに、視聴者からも「右腕大丈夫?」「すげえ角度になったぞ」「怪我だけはしないで」と心配の声が寄せられたほか、窮地から勝利に転じた宇良のテクニックに「上手く力を逃した」「技あり勝利」「合気道みたい」と称賛するコメントも相次いで寄せられた。
(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【動画】右腕が極められる瞬間
【動画】右腕が極められる瞬間