「激おこやん」取組後に睨みをきかせる力士「スローで見るとヒヤッとします」と実況も困惑
番組をみる »

大相撲十一月場所>◇十日目◇23日◇福岡・福岡国際センター

 前頭九枚目・英乃海(木瀬)が前頭十四枚目・輝(高田川)を押し出しで下した一番で、取組後に英乃海が睨みをきかせるような一幕があった。視聴者からは「おこなの?」「珍しく切れとる」といったコメントが寄せられた。

【動画】激おこの力士

 立ち合いからぶつかっていった両者。輝は突き押しで攻めていくが、英乃海は土俵際で粘りを見せて、その後は土俵中央で膠着状態が続いた。それから英乃海は輝に右腕を極められそうになったが、上手く右腕を抜き、最後は勢いよく押し出した。英乃海は6勝目を挙げ、輝は7敗目を喫した。

 取組後、英乃海は気持ちを前面に出した。怒りをあらわにするようなシーンにも見えたが、ABEMAで解説を務めた元小結・旭道山は「輝さんは、英乃海さんの右手をふりにいってるんですよ。これは下手すると折れてもおかしくない。それで、英乃海さんは『この野郎』と睨みつけてますよね」と解説。説明を受け、実況を務めた田中大貴アナウンサーも「危ないですね。逆に曲がるような感じにも見えますもんね」「スローで見るとヒヤッとします」とコメントしていた。

 このシーンを受け、相撲ファンも「右腕か…」「うでやべー」「極めてたやつ ガチギレ」「激おこやん」と騒ついていた。
(ABEMA『大相撲チャンネル』より)

【動画】激おこの力士
【動画】激おこの力士