珍しい“待った”に「おおぉ」実況興奮 旭道山「この負け方は一番悔やむ。お風呂で放心状態に」
【映像】場内が騒然とした“待った” »

大相撲十一月場所>◇十二日目◇25日◇福岡・福岡国際センター

 前頭十二枚目・石浦(宮城野)と前頭十四枚目・千代の国(九重)の一番で、立ち合い石浦が策を弄したものの通じず、突き出しで敗れて7敗目を喫した。解説の元小結・旭道山は「この負け方は一番悔やむ」とコメントした。

【映像】場内が騒然とした“待った”

 立ち合い大きく後ろに下がり、何か作戦を仕掛けようとした石浦。だがつっかけてしまい、行司から「待った」の声がかかると、館内からはどよめきが沸き起こった。ABEMAの実況席でも「おおぉ~」と興奮気味の声が上がり、解説を務めた元小結の旭道山は「何か考えていましたね、今。ぶつかり稽古みたいに胸を出そうという感じで」と語った。

 注目が集まった2度目の立ち合いでは、石浦は1度目と同じように大きく後退した状態でその場で立ち上がり様子見。すると対戦相手の千代の国が力強く突っ張り、石浦はあえなく土俵を割って7敗目となる黒星を喫した。勝った千代の国は7勝目を挙げた。

 取組が終わると、解説の旭道山は「最初の『待った』で千代の国さんに警戒心が出ましたね」と一言。続けて「石浦さんも、この負け方は一番悔やむんですよ。力が出せない、自分の思い通りにいかない、そして負けてしまった。もう情けないというか、お風呂でため息をついて放心状態になると思いますよ」と石浦の気持ちを代弁していた。

 珍しい一番に、視聴者からは「作戦バレたか」「初っ切りかな?w」「レスリング?」「楽しい取組」といったコメントが続々と寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】場内が騒然とした“待った”
【映像】場内が騒然とした“待った”
阿炎、玉鷲を土俵下に突き出して「んっ!?」直後の振る舞いに反響「別人」「優しい」「優勝あるぞ」 | 相撲 | ABEMA TIMES
阿炎、玉鷲を土俵下に突き出して「んっ!?」直後の振る舞いに反響「別人」「優しい」「優勝あるぞ」 | 相撲 | ABEMA TIMES