大相撲十一月場所>◇十四日目◇27日◇福岡・福岡国際センター

 第73代横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)が前頭十五枚目・阿炎(錣山)を下し、千秋楽を待たずに優勝を決めた。

 照ノ富士は今場所、危なげない相撲で連勝街道をひた走り「強い横綱」を相撲ファンに印象付けた。十四日目の結びで1敗の阿炎に勝てば、年間4度目、新横綱場所から2場所連続の優勝となる。立ち合い、阿炎得意の諸手突きで攻められ、照ノ富士が土俵際に追い込まれる場面もあったが、驚異的な粘りで残し、最後は押し倒しで阿炎を土俵に沈めた。

 ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「立ち合い、阿炎も良かったんですけどね。ちょっと欲が出てしまい引いちゃいましたね」と阿炎の敗因について分析。それから「でもあそこが落ち着いている横綱の強さなんですよ」「防御になっても常に落ち着いていて、本当に横綱らしい相撲を取る力士ですよ。照ノ富士は」と横綱の取組を絶賛した。

 今場所も一人横綱としての重責を担っての出場となったが、千秋楽を待たずしての優勝を受け、相撲ファンからは「てるる、ストロングスタイルだった」「阿炎行けそうかと思ったけど凄かったな」など称賛のコメントが続々と到着。「令和の大横綱になりそう」と期待する声も寄せられていた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

大相撲LIVE 十一月場所クライマックス(幕内)15日目[千秋楽] | 新しい未来のテレビ | ABEMA
大相撲LIVE 十一月場所クライマックス(幕内)15日目[千秋楽] | 新しい未来のテレビ | ABEMA