「これは怖い顔対決ですね」大相撲実況席のユニークな取組前の紹介に相撲ファンからツッコミ「まぁまぁ失礼w」
番組をみる »

大相撲十一月場所>◇十四日目◇27日◇福岡・福岡国際センター

 前頭十枚目・千代大龍(九重)と前頭十七枚目・松鳳山(二所ノ関)の取組前、実況席に座った清野茂樹アナウンサーが「これは怖い顔対決ですね」と笑いを誘うと、視聴者から「怖い顔対決ww」「まぁまぁ失礼w」といったツッコミが寄せられる一幕があった。

【動画】千代大龍と松鳳山の“怖い顔対決”

 今場所、すでに負け越しが決まっている両者が土俵入りすると、ABEMAで実況を務めた清野アナは「さて、土俵上は怖い顔対決ですね」とユーモアたっぷりに紹介すると、解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「そうですね(笑)。松鳳山の相撲は確かに怖いですね。よく張りますもんね」とコメントした。

 清野アナの「さぁ、激しい立ち合いをする両者です!」というアナウンスから取組が行われたが、この日は“バチンっ”という音と共に激しくぶつかった後、がっぷり四つに組み合い攻防戦を繰り広げた。それから千代大龍が仕掛けに出て、最後は突き出しで松鳳山を土俵の外に出した。千代大龍は6勝目を挙げ、松鳳山は11敗目を喫した。

 花田氏は「千代大龍は落ち着いてましたね。相手が張ってくるのも計算のうち。なので、よく見てね。これは松鳳山の今場所をよく見ていますよ。千代大龍の上手さが光りましたね」と勝因について解説。一方の松鳳山に対しては「張り出しが全部中途半端でしたね」「良い音しているんですけど、良い音しているほど痛くはないんです」と説明し、これには清野アナも「そうゆうものなんですね」と驚いていた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】千代大龍と松鳳山の“怖い顔対決”
【動画】千代大龍と松鳳山の“怖い顔対決”