「やっぱり慣れないことはやるものじゃない」実況、大相撲の“敗因”を見てポツリ 視聴者共感「本当にね」
番組をみる »

大相撲十一月場所>◇十四日目◇27日◇福岡・福岡国際センター

 前頭十七枚目・魁聖(友綱)が前頭十四枚目・千代の国(九重)を押し出しで下した。この取組の中で、千代の国が蹴返しを繰り出す場面があったが、解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「これがこの相撲の敗因でしたね」と指摘し、実況を務めた清野茂樹アナウンサーも「やっぱり慣れないことはやるもんじゃないってことですね」とコメント。視聴者からは共感の声も上がった。

【動画】花田氏に指摘された“敗因”

 立ち合いから激しい突っ張り合いを繰り広げた両者。千代の国はうまく土俵を回り込むが、魁聖も負けじと正面で構える。その直後、千代の国は勝負を決めようと、蹴返しを繰り出すも、バランスを崩して、最後は押し出しで敗れた。魁聖は7勝目を挙げ、千代の国は6敗目を喫した。

 ABEMAで解説を花田氏は「立ち合いの千代の国のあたり良かったです。左、左へと回って、魁聖が右から差すのを避けているんですけど、それを続けてしまったことで相手に読まれてしまいましたね。そして、この蹴返し。慣れないことをしたから上体が高くなってしまいましたね。しかも土俵際を背にしてやってしまっている。土俵の中央だったら良かったんですけどね」と説明した。

 格闘技では“カーフキック”とも呼ばれるすねやふくらはぎ付近を狙った足技の「蹴返し」。花田氏の解説に視聴者からは「なるほどねぇ」などの声が寄せられ、一方の清野アナウンサーの「やっぱり慣れないことはやるもんじゃないってことですね」というコメントに対しては、「本当にね」といった同調の声も届いていた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】花田氏に指摘された“敗因”
【動画】花田氏に指摘された“敗因”