翔猿、勢い余って客席に突っ込み場内騒然 相撲ファン、距離に注目「どこまで行くんや」
番組をみる »

大相撲十一月場所>◇千秋楽◇28日◇福岡・福岡国際センター

 前頭筆頭・若隆景(荒汐)が前頭八枚目・翔猿(追手風)を押し出しで下した一番で、翔猿が勢い余って客席に突っ込んでしまい、場内が騒然とする一幕があった。相撲ファンからは「どこまで行くんや」と距離に注目する声が寄せられた。

【動画】翔猿の客席突入に場内騒然

 立ち合い低い姿勢で頭からぶつかり合った両者。押し合いから機を見て若隆景が張り手を交え、攻めに出ると、土俵際に追い込んだ翔猿を最後は押し出した。勢いよく土俵下へと飛び込んでしまった翔猿の姿に、館内ではどよめきが起こっていた。若隆景は8勝7敗で勝ち越し、一方の翔猿は7勝8敗で負け越しが決定した。

 ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は翔猿が土俵下に突っ込む姿をよく目にしているらしく「しかし、翔猿はよくお客さんの方に入っていきますよね。いつも翔猿はお客さんのところにいるような感じですけど(笑)、お客さん危ないからね」とコメントしていた。

 このシーンを受け、視聴者も「翔猿ファンサービス」「ずいぶん吹っ飛んだなw」「行き過ぎw」などと盛り上がっていた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【動画】翔猿の客席突入に場内騒然
【動画】翔猿の客席突入に場内騒然