2敗を守るのはどちらか 豊島将之九段 対 糸谷哲郎八段 戦型は「一手損角換わり」に/将棋・順位戦A級
番組をみる »

 将棋の順位戦A級6回戦が12月17日に行われ、豊島将之九段(31)と糸谷哲郎八段(33)が現在対局中だ。関西トップ棋士同士の対決は、一手損角換わりの出だしに。今期ここまで3勝2敗の両者による星のつぶし合いは、どちらに軍配が上がるか。

【中継】順位戦A級 第6回戦 豊島将之九段 対 糸谷哲郎八段

 豊島九段は今年度、竜王、叡王のタイトルを保持してスタートしたものの、藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖、19)にタイトル戦で相次いで敗れ、無冠に転落。一時は三冠まで保持していたようなタイトルホルダーに返り咲くべく、再スタートを切った格好だ。糸谷八段は昨期、棋王戦でタイトル戦出場を果たすも、渡辺明棋王(名人、王将、37)に敗れ、久々のタイトル獲得ならず。どちらも若手の頃のような勢いから、経験や自分のスタイルなどを確立させながら戦う年齢にもなり、第一線で活躍するためにも、踏ん張りどころとなっている。

 今期の順位戦A級は、昨期初参戦で名人挑戦を果たした斎藤慎太郎八段(28)が絶好調で、開幕から無傷の6連勝。挑戦権争いで単独トップに立っている。後続は、既に1敗棋士が消えており、2敗も6局を終えた棋士ではゼロ。よって本局の勝者が、6回戦終了時では唯一の4勝2敗になる。

 持ち時間は各6時間で、先手は豊島九段。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

豊島将之九段 にしんやまがそば、おにぎり 糸谷哲郎八段 珍豚美人

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之九段 5時間1分(消費59分) 糸谷哲郎八段 5時間18分(消費42分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】順位戦A級 第6回戦 豊島将之九段 対 糸谷哲郎八段
【中継】順位戦A級 第6回戦 豊島将之九段 対 糸谷哲郎八段