話題を呼んだ佐々木朗希の一塁への“鬼送球” 五十嵐氏「全力の後に軽く投げるのは感覚が一致しない」
番組をみる »

 昨年最下位から、25年ぶりにパ・リーグ制覇を果たしたオリックス・バファローズ。首位打者の吉田正尚選手はもちろんのこと、本塁打王の杉本裕太郎選手、両リーグ最多の18勝で沢村賞など主要タイトルを総なめにした山本由伸投手、高卒2年目にして13勝をあげた宮城大弥投手など、様々な選手が台頭した。

【映像】佐々木朗希の“鬼送球”(24:05~)

 そのほか、“令和の怪物”千葉ロッテ・佐々木朗希投手のデビュー、“平成の怪物”松坂大輔投手に“ハンカチ王子”斎藤佑樹投手の引退、“BIGBOSS”新庄剛志監督の就任など、最後まで話題の尽きなかったパ・リーグ。

 ABEMAバズ!パ・リーグ』では、『パーソル パ・リーグTV』がこの1年に配信した動画の視聴数をまとめた「パ・リーグTV年間再生数プレイヤーランキング」を元に、元千葉ロッテの里崎智也氏、西武ライオンズや千葉ロッテ、イタリアで活躍したG.G.佐藤氏、東京ヤクルトや福岡ソフトバンク、メジャーリーグで活躍した五十嵐亮太氏とともに今季のパ・リーグを振り返った。

 ランキングの2位(1407万PV)に入ったのは、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手。G.G.佐藤氏が「漫画から飛び出したような選手ですから。みんなが求めているスターですよね」と語るように、今シーズンは11試合に先発登板し、成績こそ3勝2敗に終わったものの、オリックスとのクライマックスシリーズのファイナルステージでは初戦の先発を任され、159km/hの剛速球を披露するなど、すでに大器の片鱗を覗かせている。

 登板間隔を確保したうえで活躍した佐々木投手の今季を振り返る形で、まずロッテOBでもある里崎氏は「今年の経験を活かして来年、中6日のローテーションどおりに投げれるかどうかが試されるというか、楽しみでもありますよね」と、期待を寄せつつコメント。

 これを受けて、登板間隔が短くなることへの対応力を問われた五十嵐氏は、「どうでしょう。ロッテが今まで彼のことをすごい大切に育ててきたので。プランどおりにいっているから、来年どうするかですよね。彼がやりたいかやりたくないかっていうよりも、チームがどうしたいかっていうところにかかってるんじゃないかなと思います」と、チームの状況を踏まえつつコメントした。

 そんな佐々木投手を収めた動画の中で最も注目を集めたのが、8月28日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、佐々木投手がピッチャーゴロを処理した際、ファーストのレアード目掛けて矢のようなボールを放った“鬼送球”のシーン。

 山なりの球でも悠々とアウトにできる中、このような速い球で対応した理由を訊ねられた五十嵐氏は、「ピッチャーによりますね。ゆっくり投げられないピッチャーもいますし、これぐらいある程度強いところで投げないと(コントロールが)定まらない選手もいるので。彼の場合、ゆっくり投げにくい選手なんじゃないかなと思います」と分析。

 五十嵐氏自身も一塁に緩い球は投げにくかったそうで、「これぐらい速い球を投げているピッチャーっていうのは、(直後に)軽く投げられないんですよ。やっぱり全力で投げた後のボールっていうのは、腕の振る感覚、放す感覚っていうのが一致しないことが多いので。よく走っていってトスするピッチャーいるじゃないですか。速い球(の選手)だとそういう可能性もありますよね」と語った。

 また、G.G.佐藤氏は「(一塁の)レアードも目が覚めたんじゃないですか、これで。ビックリしたと思いますよ」とボールを受ける立場でコメントすると、里崎氏も「ちゃんと(ストライクを)投げてるからいいですよね。あれがもしちょっと低くなったりしたら、反応できないかもわからないですね」と、あくまでこの“鬼送球”は正確なコントロールあってのものだということを説明した。(ABEMA『バズ!パ・リーグ』)

SB柳田 初対決・佐々木朗希から“初球HR”
SB柳田 初対決・佐々木朗希から“初球HR”
“令和の怪物”佐々木朗希がついに1軍デビュー
“令和の怪物”佐々木朗希がついに1軍デビュー
オコエ、逆転優勝を目指す中の“痛恨の送球エラー”
オコエ、逆転優勝を目指す中の“痛恨の送球エラー”