羽生善治九段、残留に負けられない一局 相手は6戦全勝の斎藤慎太郎八段 戦型は「相掛かり」/将棋・順位戦A級
番組をみる »

 将棋の順位戦A級7回戦が1月7日に行われ、羽生善治九段(51)と斎藤慎太郎八段(28)が現在対局中だ。戦型は相掛かりになった。29期連続でA級以上(名人9期)を維持している羽生九段だが、今期は降級のピンチ。逆に挑戦目前と好調の斎藤八段を相手に、新年初対局で貴重な白星を得られるか。

【中継】順位戦 A級 第7回戦 羽生善治九段 対 斎藤慎太郎八段

 羽生九段は1993年度にA級に初参戦して以来、そこから永世称号を獲得する名人9期を含め、29期連続でA級以上。今期残留を果たせば、節目の30期連続となるが、ここまで2勝4敗で10人中9番手。下位2人がB級1組に降級するためピンチに陥っている。本局を含め残り3局を全勝すればトータルでも勝ち越しとなり残留確定。だが、昨期も苦しんだ羽生九段は、その成績を元にした順位が8位でスタートを切ったため、勝敗数で並んだ場合は、順位が上の棋士に“頭ハネ”される可能性がある。最低でも残りを2勝1敗、トータル4勝5敗で全日程を終えたいところだ。

 斎藤八段は昨期、初めてA級に参戦したが、事前に先手・後手も決まっている長時間対局の順位戦、という特徴を活かして事前研究に励み、8勝1敗で挑戦権を獲得。初の名人戦七番勝負では、渡辺明名人(棋王、王将、37)の前に1勝4敗で敗れたが、今期もここまで6連勝と単独トップ。本局に勝利し、後日対局がある2番手で4勝2敗の糸谷哲郎八段(33)が敗れれば、2局を残して2年連続の挑戦が決まる。

 対局の持ち時間は各6時間で、先手は斎藤八段。ABEMAではこの対局を終了まで放送している。

【昼食の注文】

羽生善治九段 豚肉のBBQソテー(ライス付き) 斎藤慎太郎八段 肉豆腐(キムチ・きのこ)弁当、納豆

【昼食休憩時の残り持ち時間】

羽生善治九段 5時間12分(消費44分) 斎藤慎太郎八段 5時間1分(消費59分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】順位戦 A級 第7回戦 羽生善治九段 対 斎藤慎太郎八段
【中継】順位戦 A級 第7回戦 羽生善治九段 対 斎藤慎太郎八段
【中継】順位戦 B級1組 第11回戦 藤井聡太竜王 対 千田翔太七段
【中継】順位戦 B級1組 第11回戦 藤井聡太竜王 対 千田翔太七段