強烈な張り手に「激おこだ」豊昇龍が鬼の形相 「ドルジが出てる」「アツくていいね」さまざまな声も
【映像】「激おこ」を招いた強烈な張り手 »

大相撲一月場所>◇五日目◇13日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・豊昇龍(立浪)が前頭八枚目・翔猿(追手風)をはたき込みで下した一番で、パチンと館内に乾いた音が響く強烈な張り手を受けた豊昇龍が取組後、翔猿を思わず二度見してギロリと睨む一幕があった。鬼の形相に視聴者からも「ドルジが出てる」「激おこだ」「めっちゃ睨んでる」といったコメントが続出した。

【映像】「激おこ」を招いた強烈な張り手

 立ち合い低く当たった翔猿は、両手を突き出して力強い攻めを披露。素早い蹴手繰りも繰り出し、足が空を切ると館内からはどよめきが起こった。その後、豊昇龍が蹴手繰りで応戦すると、直後、翔猿の強烈な右の張り手が炸裂。「パチン」と乾いた音が響き渡ると館内は再びどよめいた。

 勝負は前に出る翔猿を上手く引いた豊昇龍がはたき込んで勝利。勝った豊昇龍は土俵上に転がる翔猿に鋭い眼差しを投げかけると、立ち上がった翔猿を二度見するように再び鬼の形相で睨みつけていた。豊昇龍は3勝目。敗れた翔猿は3敗目を喫した。

 蹴手繰りと張り手を駆使した翔猿の激しい攻めに、ABEMAで解説を務めた元前頭・玉飛鳥の熊ヶ谷親方は「翔猿は思いっきり足を飛ばしましたし、張りもすごかったですね」と一言。続けて「(翔猿が)張って上手く攻めたなと思ったんですけど、豊昇龍が落ち着いていました。上手く体を開いてはたき込みました」と取組内容を分析した。

 叔父で第68代横綱・朝青龍を彷彿させる豊昇龍の鬼の形相に、視聴者からは「めっちゃ睨んでる」「キレたw」「ドルジが出てる」「激おこだ」といったコメントが殺到。一方では「アツくていいね」といった声が、さらに「張り手の音、もう一度聴かせて」といった熱戦に対するリクエストまで寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】“スルッ”とした瞬間の様子
【映像】「激おこ」を招いた強烈な張り手
【映像】「激おこ」を招いた強烈な張り手
自らまいた大量の塩に力士が不覚か 実況「スルッといってますね」ファンから「すべっとるやん」ツッコミの声も
自らまいた大量の塩に力士が不覚か 実況「スルッといってますね」ファンから「すべっとるやん」ツッコミの声も