大相撲一月場所>◇七日目◇15日◇東京・両国国技館

 関脇・御嶽海(出羽海)が前頭三枚目・玉鷲(片男波)を寄り切りで下し、全勝をキープした。一方、ここまで順調に白星を重ねていた前頭六枚目・阿炎(錣山)は、前頭五枚目・阿武咲(阿武松)に突き落としで敗れ、初黒星を喫した。

 御嶽海は、前日の取り組みで横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)を破り勢いに乗る玉鷲相手に完勝劇を繰り広げた。ABEMAで解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「御嶽海、落ち着いていて良いですね」「このまま千秋楽まで勢いを保って欲しいです」と期待を寄せていた。

 阿炎は立ち合い諸手で攻めて先手を取ったが、阿武咲に上手くいなされ突き落としで敗れた。元若乃花は「阿炎悪くなかったですけどね。足が流れてしまったところを左から突き落とされてしまいました。タイミングでしたね」と解説していた。

 また、照ノ富士は、前頭三枚目・遠藤(追手風)を寄り切りで下し1敗をキープした。大関・正代(時津風)は前頭四枚目・隠岐の海(八角)に寄り切りで敗れ、4敗目を喫した。全く良いところなしだった正代に対し、元若乃花は「心配ですね」「本当に元気がなく余りにもあっけなかったですね」とコメントしていた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】巨漢力士が相手力士をお尻でプレス
【映像】巨漢力士が相手力士をお尻でプレス