「物言いは?・・つかない!」土俵際でもつれ合う際どい勝負に館内騒然も「行司さん、よく見てたなぁ~」とファン感心
番組をみる »

大相撲一月場所>◇七日目◇15日◇東京・両国国技館

 前頭十五枚目・栃ノ心(春日野)が、前頭十枚目・妙義龍(境川)を寄り倒しで下した一番。土俵際でもつれ合う、際どい勝負となったが、物言いはつかなかった。相撲ファンからは「物言いは?・・つかない!」などと困惑する声や、「確かに踵(かかと)が出てたね」「行司さん、よく見てたなぁ~」といった行司を称賛するようなコメントも寄せられていた。

【動画】「行司さん、よく見てたなぁ~」とファンが感心する場面

 立ち合い、正面からぶつかっていった両者は四つ相撲を披露。栃ノ心が仕掛けると、土俵際で妙義龍の体が傾き、最後は倒れ込むように土俵を割った。館内が騒然とする際どい勝負だったが、軍配は栃ノ心に上がった。

 ABEMAで解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「物言いつかないですか?」と確認していたが、VTRを見て「あ〜、妙義龍の右足が出てますね。これは物言いはつかないですね」と納得していた。その上で「妙義龍も良かったですよ。何といってもこの諦めない姿勢。負けてもこういう相撲を取るという良い見本ですよ」と妙義龍の力士としての姿勢を絶賛していた。

 とはいえ栃ノ心か、はたまた妙義龍か、どちらかに軍配を上げなければならない行司にとっては判断の難しい一番に、ネットには「物言いは?・・つかない!」「行司さん、よく見てたなぁ~」「かかとが出てますね」「どうだ?!」といったコメントが続々と寄せられていた。 (ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】「行司さん、よく見てたなぁ~」とファンが感心する場面
【動画】「行司さん、よく見てたなぁ~」とファンが感心する場面