大相撲一月場所>◇中日◇16日◇東京・両国国技館

 関脇・御嶽海(出羽海)が小結・大栄翔(追手風)を押し出し下し8連勝。ストレートで勝ち越しを決めた。

 今場所の御嶽海はひと味違うーー。ここまでそんな声が相撲ファンから多く寄せられていたが、勝ち越しがかかった大栄翔との一番でも力強い相撲を見せ、館内に集まった相撲ファンを魅了した。

 立ち合い頭からぶつかっていった両者。大栄翔は激しい突き押しを繰り出すが、御嶽海は一歩も引かない。大栄翔が一瞬引いてしまったところを見逃さず、御嶽海は攻めに転じ最後は押し出しで下した。大栄翔は5敗目を喫した。

 この取り組みを受けABEMAで解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「大栄翔は上突っ張りで攻めてくるタイプの力士ですが、御嶽海は攻めてこられても動じないような足の角度で応じてますね。御嶽海は大栄翔が一瞬引いたミスを見逃しませんでした。最高の勝ち方だと思います。今場所は肩の力が抜けてますよね」とコメントした。

 御嶽海を星の差一つで追う横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)は前頭四枚目・隠岐の海(八角)を寄り切りで下し1敗をキープ。まったく危なげない相撲だった。同じく1敗の前頭六枚目・阿炎(錣山)は、前頭六枚目・豊昇龍(立浪)に寄り切りで敗れ2敗目を喫した。大関・正代(時津風)は、前頭三枚目・遠藤(追手風)を寄り切りで下し4勝目を挙げた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)