中田功八段、あちこちで胸中がダダ漏れ「頭ポリポリすんな」「どうなっとんじゃ、おれは」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
番組をみる »

 気持ちで戦う「コーヤン」の胸中がダダ漏れだ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Bリーグ1回戦・第1試合、チーム森下とチーム中田の対戦が1月15日に放送された。チーム中田の中田功八段(54)は、愛弟子・佐藤天彦九段(34)とコンビを組み、スコア3-2で初戦を突破。個人としても森下卓九段(55)に2連勝するなど大活躍した。得意の三間飛車をフル活用して盤上も盛り上げたが、対局外でも弟子を見守る師匠としてのリアクションが抜群。エンターテイナーとしての一面を存分に出した。

【動画】中田功八段は思いが次々と言葉に

 中田八段は、試合前のオープニングトークから全開だった。同世代の対戦相手、森下九段に対して「森下先生は、言っていることとやっていることが全然違うんでね。怖すぎますよ。本当に困っています。お手柔らかにお願いします」と、先制パンチ。収録していた関係者の笑いを誘い、自分のワールドに引き込んだ。

 佐藤九段の対局を見ている時は、師匠でもありサポーターといった感じだ。第1局、佐藤九段が増田康宏六段(24)に押され始めたところでは「まずくね?まずいんじゃないですか、天彦さん」、また第3局で解説の伊藤真吾六段(40)が佐藤九段にとって痛い手があると語ると「やめろよ。鬼のように痛いのかよ。痛くない、痛くない。同銀、取れない。痛いねー、これ」と、ボヤキも混じってきた。さらに最終第5局、佐藤九段が何やら考え込んでいるところには「頭ポリポリ、すんなー。不安になるだろうが、こっちが(苦笑)」、激戦に駒台が乱れた様子には「なんちゅうごちゃごちゃな駒台だ、天彦」と、また突っ込んだ。

中田功八段、あちこちで胸中がダダ漏れ「頭ポリポリすんな」「どうなっとんじゃ、おれは」/将棋・ABEMA師弟トーナメント

 盤外でもこれだけイベントだらけであれば、対局中に何もないはずもない。最も目立ったのが第4局。どんどんと時間が減るフィッシャールールのプレッシャーもあってか、思わず駒を落としてしまったところでは、頭を抱えた後になんとか気持ちを落ち着けようと「はー、はぁ…」とため息。さらに森下九段の粘りに難しい終盤を迎えたところでは「あー、いやー、どうなってんじゃ、おれは」とボヤキだした。

 「コーヤン」の愛称で親しまれるベテラン棋士の、心の声が外に出まくる様子にファンからは「ぼやくコーヤン(笑)」「なんかいってるw」「ボヤキでたー」といった声が多く集まっていた。

◆第1回ABEMA師弟トーナメント 日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の着想から生まれた大会。8組の師弟が予選でA、Bの2リーグに分かれてトーナメントを実施。2勝すれば勝ち抜け、2敗すれば敗退の変則で、2連勝なら1位通過、2勝1敗が2位通過となり、本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで、チームの対戦は予選、本戦通じて全て3本先取の5本勝負で行われる。第4局までは、どちらか一方の棋士が3局目を指すことはできない。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】対局中でも悩んだポーズが頻発する佐藤天彦九段
【動画】対局中でも悩んだポーズが頻発する佐藤天彦九段
【動画】中田功八段は思いが次々と言葉に
【動画】中田功八段は思いが次々と言葉に