華麗な叩き込みに敗れた力士は軽やかな身のこなし 身体能力の高さを相撲ファン絶賛「アクロバティック」「側転きまった」
番組をみる »

大相撲一月場所>◇中日◇16日◇東京・両国国技館

 前頭十五枚目・若元春(荒汐)が前頭十二枚目・石浦(宮城野)を叩き込み下した取り組みで、石浦が土俵下に落ちる際、側転するような瞬間があり視聴者が「アクロバティック」「側転きまった」と盛り上がる一幕があった。

【映像】力士の“軽やかな側転”が決まる瞬間

 立ち合い正面からぶつかっていった両者は、左四つのせめぎ合いが続き膠着する。状況を打開しようと石浦が攻めに出ると、若元春が土俵際で体を左に開きながら華麗に叩き込みを決めて4勝目を挙げた。石浦は4敗目を喫した。

 この取り組みを受けABEMAで解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「いいタイミングで引き落としましたよね。石浦の“ここで”というタイミングを見逃さず、若元春は見事でした」とコメントしていた。

 敗れたとはいえ、土俵下に落ちる際の石浦の身のこなしも軽やかだった。相撲ファンからは「アクロバティック」「側転きまった」といった称賛のコメントが寄せられていた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】力士の“軽やかな側転”が決まる瞬間
【映像】力士の“軽やかな側転”が決まる瞬間