立ち合い不成立の力士が手を取り合い“ペコリ” 相撲ファン一瞬の光景に心がほっこり「見つめ合っちゃった」
番組をみる »

大相撲一月場所>◇中日◇16日◇東京・両国国技館

 前頭十枚目・妙義龍(境川)と前頭十二枚目・千代大龍(九重)の取組で、立ち合い不成立となった際に両者が見つめ合いながら、申し訳なさそうにする場面があり、視聴者からは「見つめ合っちゃった」「ペコリ」といった声が寄せられた。

【映像】立ち合い不成立で手を取りながら見つめ合う力士

 1度目の立ち合いで、千代大龍が先につっかけてしまうと、行司は「まだまだ」と制するように一言。両力士は近距離で目を合わせ、その後、千代大龍は詫びるような素振りを見せてから、正面審判にも一礼した。

 2度目の立ち合いでは頭からぶつかっていった両者。千代大龍が土俵際に追い込まれる場面もあったが、その後立て直し、頭を付け合う展開に。タイミングを見て千代大龍が仕掛けていき最後は妙義龍を押し出しで下した。千代大龍は3勝目を挙げ、妙義龍は4敗目を喫した。

 しかし勝った千代大龍の唇からは、張り手を受けたせいか出血が。土俵外にいる妙義龍を睨むような場面もあった。ABEMAで解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「怒ってますね。でも頭にきても冷静でいなくてはいけない。最後は勝負が決まったから気持ちが出てしまったのでしょうね」とコメントした。

 立ち合い不成立となった際には、「見つめ合い」「ペコリ」「見つめ合っちゃった」といったほっこりコメントが届いていたが、勝負が決まった後の千代大龍の厳しい表情を受けて、相撲ファンからは「怒ってる?」「ビンタされたからか」といった声も寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】立ち合い不成立で手を取り合い見つめ合う力士
【映像】立ち合い不成立で手を取り合い見つめ合う力士