阿炎「ヒョイっと音が聞こえるような 闘牛士のような」華麗なかわし技で2敗をキープ解説席も興奮
番組をみる »

大相撲一月場所>◇九日目◇17日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・阿炎(錣山)が引き落としで前頭十枚目・妙義龍を下し、7勝目を挙げた。阿炎の華麗な動きに、視聴者からは「キレがあるな」「軽やかな身のかわし」といった声が寄せられ、実況席も「ヒョイっと音が聞こえる」と盛り上がった。

【映像】阿炎“ヒョイっと音が聞こえるような”華麗な動き

 立ち合いもろ手突きで当たった阿炎は、押し返してくる妙義龍の攻めにやや後退したものの、相手の力を利用するように体を右にかわすと鮮やかな引き落としを決め、7勝目となる勝ち星を挙げた。阿炎が勝った直後、ABEMAで実況を務めた市川勝也アナウンサーは「ヒョイっと音が聞こえるような動きとなりました」と興奮気味にコメントした。敗れた妙義龍は5敗目。

 取組を受けて、解説を務めた元関脇・嘉風の中村親方は「本当にヒョイっと音が聞こえるというか、闘牛士のような。つっかえ棒を離すというか」と阿炎の動きに言及。続けて「一見すると阿炎が妙義龍に押し込まれているように見えるんですけど、妙義龍と同じぐらいの力で押し返しているんです」と語り、「つっかえ棒を外したような(妙義龍の)負け方ですよね。これは阿炎の懐の深さと、押し込まれても圧力をかけている、こういうところが妙義龍に突いていく隙を与えなかった」と勝因を分析した。

 阿炎の鮮やかなかわし技に、視聴者からは「キレがあるな」「ひらり」「飛んだ」「いいタイミングだった」「軽やかな身のかわし」といったコメントが相次いで寄せられた。

 また、ここまで全勝の関脇・御嶽海(出羽海)は前頭四枚目・隠岐の海(八角)を寄り切りで下し9連勝。星の差一つで追う横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)は前頭四枚目・北勝富士(八角)を下手投げで破り1敗をキープした。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】阿炎“ヒョイっと音が聞こえるような”華麗な動き
【映像】阿炎“ヒョイっと音が聞こえるような”華麗な動き