力士の体が「宙に浮いた」 豪快上手投げに「合気道みたい」驚きの声
【映像】豪快に宙を舞った霧馬山 »

大相撲一月場所>◇十二日目◇20日◇東京・両国国技館

 前頭三枚目・遠藤(追手風)が前頭筆頭・霧馬山(陸奥)を豪快な上手投げで下し、5勝目となる白星を挙げた。遠藤が上手投げを決める際に霧馬山の体が宙に浮くと、視聴者からは「すげえ」「合気道みたい」と驚きの声が相次いだ。

【映像】宙を舞った霧馬山

 立ち合い正面からぶつかり合い前に出ていこうとする両者。左四つの体勢で組み合うと、土俵上でぐるりと回転しながら激しい攻防戦を展開。最後は左上手を深く取った遠藤が豪快な上手投げを決め、5勝目となる勝ち星を挙げた。遠藤が上手投げを決めた際、霧馬山の体は空中に浮かび上がって一回転しながら土俵上へと転がり、客席からは大きな歓声が沸き起こった。霧馬山は7敗目を喫した。

 遠藤の鮮やかな上手投げを受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・琴勇輝の君ヶ濱親方は「今日は遠藤の多彩さが出ました」と一言。続けて「技はタイミングも重要だと思うんですよ。力も大事ですけど、間隔といいますか、遠藤は今日はいいタイミングで仕掛けられたんじゃないですかね」と解説すると、「(霧馬山は)もう反応できていないですよね。お見事でした」と遠藤の技量を称賛した。

 相手の体を宙に浮かせた遠藤の上手投げに、視聴者からは「すげえ」「宙に浮いた」 「合気道みたい」「霧馬山もびっくり」「これは見事でした」「漫画みたいな投げっぷり」と興奮気味のコメントが相次いで寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』) 

【映像】豪快に宙を舞った霧馬山
【映像】豪快に宙を舞った霧馬山
親方に「抱きついちゃった」 力士が土俵下に落下、直後の“珍事”に館内から笑いと歓声
親方に「抱きついちゃった」 力士が土俵下に落下、直後の“珍事”に館内から笑いと歓声
強烈な張り手にふらつく力士 「右フックのよう」「泣きそうな顔だった」実況もファンも驚き
強烈な張り手にふらつく力士 「右フックのよう」「泣きそうな顔だった」実況もファンも驚き