土俵から転落した力士が着物女性を“直撃”でヒヤリ 咄嗟の振る舞いに「嬉しそうでよかったw」「サービスやん」安堵の声
【映像】咄嗟の振る舞いに笑みを浮かべる着物女性 »

大相撲一月場所>◇十二日目◇20日◇東京・両国国技館

 前頭筆頭・若隆景(荒汐)が押し出しで前頭八枚目・翔猿(追手風)を下した一番で、敗れた翔猿が土俵下へ転落して着物姿の女性を直撃する場面があり、館内は一時騒然となった。しかしその直後、翔猿が女性の手を取るようにして何やら声をかけながら姿勢を起こす振る舞いを見せると、周囲の心配をよそに女性は満面の笑みに。その様子に視聴者から「喜んでる」「嬉しそうでよかったw」といった安堵の声が寄せられた。

【映像】咄嗟の振る舞いに笑みを浮かべる着物女性

 立ち合い頭からぶつかった両者。張り手を交えた激しい攻防戦を繰り広げると、引いた翔猿の隙をついて若隆景がすかさず頭をつけ、前に出て翔猿を押し出して6勝目を挙げた。敗れた翔猿は土俵下へと勢いよくジャンプしながら落下。向正面で審判を務めていた元前頭・土佐豊の時津風親方と接触したほか、客席で相撲を観戦していた着物姿の女性にもぶつかった。視聴者から心配の声が寄せられるなか、観客の女性は満面の笑みで翔猿を見つめていた。敗れた翔猿は7敗目を喫した。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・琴勇輝の君ヶ濱親方は「申し分ない正攻法だったと思います。これが若隆景のウリですから」と一言。続けて「翔猿も何かを仕掛けようと間合いを図っていたとは思うんですが、(若隆景は)そんなの関係ないような電車道で土俵下まで相手を持っていきましたね」と、若隆景の完璧な取り口を称賛した。

 イケメン力士・翔猿が直撃したものの、周囲の心配をよそにむしろ笑顔を見せていた着物姿の女性に、視聴者からは「喜んでる」「にっこり」「嬉しそうでよかったw」「ドキドキ」「これはうれしい展開」「サービスやんけw」といった安堵の声が続々と寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】咄嗟の振る舞いに笑みを浮かべる着物女性
【映像】咄嗟の振る舞いに笑みを浮かべる着物女性
親方に「抱きついちゃった」 力士が土俵下に落下、直後の“珍事”に館内から笑いと歓声
親方に「抱きついちゃった」 力士が土俵下に落下、直後の“珍事”に館内から笑いと歓声
強烈な張り手にふらつく力士 「右フックのよう」「泣きそうな顔だった」実況もファンも驚き
強烈な張り手にふらつく力士 「右フックのよう」「泣きそうな顔だった」実況もファンも驚き