鈴木大介九段、愛弟子の勝利に“ムツゴロウさん”風のお出迎え「よーし、わしゃわしゃわしゃ」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
番組をみる »

 将棋界の子どもとかわいがる弟子の勝利は、何よりもうれしいはずだ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Bリーグ1回戦・第2試合、チーム谷川とチーム鈴木の対戦が1月22日に放送された。この第1局で、チーム鈴木・梶浦宏孝七段(26)がチーム谷川・谷川浩司九段(59)に146手で勝利した。この勝利がチーム鈴木のストレート勝ちを呼び込むことにもなったが、弟子の勝利を全力で喜んだのが師匠の鈴木大介九段(47)。顔を見るなり「よーし、わしゃわしゃわしゃ」と、ペットの全身をなでまわすような仕草と笑顔で出迎えた。

【動画】弟子の勝利を喜ぶ鈴木大介九段

 その様子は“ムツゴロウさん”だ。鈴木九段は、梶浦七段に対して厳しくもあり優しくもある師匠として接している。「カジー」の愛称で呼びかわいがるが、将棋界では必須の礼儀作法、上下関係などは徹底して伝え、好青年の梶浦七段もそれを学んで順調に成長している。そんな弟子が初の師弟タッグによるトーナメント戦で、大事な第1局を勝ってきたからには、喜ばずにはいられない。控室に戻ってきた梶浦七段に対し「よーし、よしよし。わしゃわしゃわしゃわしゃ」と、かつてあった「ムツゴロウ動物王国」で、創設者の畑正憲さんが動物たちを全身でかわいがる様子をまねるように祝福。これにはファンからも「愛が強め」「大介先生おもろいw」「わんこ扱い」「麻雀つながりでムツゴロウさんかw」と、懐かしさも含めて喜ぶ声が集まった。

 なお、弟子の勝利にすっかり気をよくした鈴木九段は第2局、第3局で都成竜馬七段(32)に2連勝。やはり師匠にとって、弟子の勝利は何物にも代えがたい活力のようだ。

◆第1回ABEMA師弟トーナメント 日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の着想から生まれた大会。8組の師弟が予選でA、Bの2リーグに分かれてトーナメントを実施。2勝すれば勝ち抜け、2敗すれば敗退の変則で、2連勝なら1位通過、2勝1敗が2位通過となり、本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで、チームの対戦は予選、本戦通じて全て3本先取の5本勝負で行われる。第4局までは、どちらか一方の棋士が3局目を指すことはできない。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】ストレート勝ちを収めた鈴木大介九段・梶浦宏孝七段
【動画】ストレート勝ちを収めた鈴木大介九段・梶浦宏孝七段
【動画】弟子の勝利を喜ぶ鈴木大介九段
【動画】弟子の勝利を喜ぶ鈴木大介九段
【動画】梶浦宏孝七段、驚異の研究範囲
【動画】梶浦宏孝七段、驚異の研究範囲