「ゆたたん気遣いハンパない」「いいひと」土俵下に転落した相手の元へダッシュで駆け寄る…“優しい力士の姿”に相撲ファンから称賛の声
【映像】心配そうにダッシュで駆け寄る優しい力士 »

大相撲一月場所>◇十四日目◇22日◇東京・両国国技館

 前頭十三枚目・豊山(時津風)が前頭十一枚目・佐田の海(境川)を押し倒しで下した取り組みで、負けた佐田の海が勢い余って土俵下に転落。するとすかさず豊山が心配そうに駆け寄る場面があり、相撲ファンから「ゆたた優しすぎる」「ゆたたんめっちゃダッシュで優しい」といったコメントが寄せられた。

【映像】心配そうにダッシュで駆け寄る優しい力士

 立ち合い、“バチンっ”とぶつかっていった両者だったが、豊山は左をおっつけ、最後は強烈な右喉輪で佐田の海をのけ反らせて勝負を決めた。敗れた佐田の海が勢いよく土俵下に落下してしまうと、豊山は心配そうに駆け寄っていた。豊山は6勝目、佐田の海は7敗目を喫した。

 この取り組みを受け、ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「豊山の最後、喉輪が力強くて良かったですね。こういう相撲が高い頻度で取れればもっと勝ち星も積み重なると思うんですけどね」と指摘していた。

 ともあれ、豊山の性格が滲み出た取り組み後の振る舞いに、視聴者からは「ゆたた優しすぎる」「ゆたたんめっちゃダッシュで優しい」「いいひとだ」「ゆたたの人となりが見える」「ゆたたん気遣いハンパない!」といった称賛のコメントが続々と寄せられた。

(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】心配そうにダッシュで駆け寄る優しい力士
【映像】心配そうにダッシュで駆け寄る優しい力士