立ち合い、行司から「下がって」と指摘される力士 館内も視聴者も騒つく「咲ちゃん注意された」「出過ぎたw」
【映像】行司から「下がって」と指摘される力士に騒つく館内 »

大相撲一月場所>◇十四日目◇22日◇東京・両国国技館

 小結・明生(立浪)と前頭五枚目・阿武咲(阿武松)の取り組みで、行司を務めた木村容堂が蹲踞を取った阿武咲に対し「少し下がって」と注意する場面があり、館内が騒つく場面があった。この光景に視聴者からも「珍しいな」「咲ちゃん注意された」「出過ぎたw」といった反響が寄せられた。

【映像】行司から「下がって」と指摘される力士

 行司の木村から「待ったなし! 手をついて」という声が響き渡ると、蹲踞の姿勢を取った阿武咲。しかし仕切り線よりも手が前に出てしまっていたためか、「下がって」と注意を受けた。この珍しい光景に館内は騒つき、ABEMAで実況を務めていた清野茂樹アナウンサーは「少し前に出過ぎた阿武咲です。仕切り線より前に手をついてはいけません」と視聴者に対し状況を伝えていた。

 再び「待ったなし!」という声が響き渡り、蹲踞の姿勢を取った両者。立ち合いで阿武咲が両手をついて突進すると、一方の明生とタイミングが合わず、行司から「まだまだ」と立ち合い不成立の指摘が入った。

 3度目の正直。行司の木村から「待ったなし!」の声が響き渡ると、今度は立ち合い成立。激しい押し合いが繰り広げられたが、最後は阿武咲が明生を押し出しで下した。阿武咲は10勝目を挙げ、明生は9敗目を喫した。

 解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「ちょっと立ち合い合わなかったですね。阿武咲も明生の当たりが強いので、早く立ちたいという気持ちが出てしまいましたね」と分析していた。

 また視聴者から寄せられた「この立ち合いどっちがダメとかあるの?」という質問が読み上げられると、花田氏は「お互いの駆け引きでそうなってしまった。この場合はどっちもどっちでしょうね」と答えた。

(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】行司から「下がって」と指摘される力士
【映像】行司から「下がって」と指摘される力士