ベテラン棋士、気づいてしまった痛恨の一手に口元が混乱「竜、竜、りゅりゅりゅりゅー」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
番組をみる »

 いい手と思った次の瞬間、その先には…。気づいてしまった瞬間、ベテランの口元も大混乱だ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Bリーグ1回戦・第2試合、チーム谷川とチーム鈴木の対戦が1月22日に放送された。この第3局、チーム谷川・都成竜馬七段(32)と鈴木大介九段(47)が熱戦を演じたが、最終盤の攻防で解説していた中村修九段(59)が興奮。「竜、竜、りゅりゅりゅりゅー」と謎の言葉を発し、視聴者を大笑いさせた。

【動画】解説を務めた中村修九段

 局面は鈴木九段が優勢、さらには勝勢という終盤だった。「人の将棋はワクワクするんです。自分の将棋はドキドキしかしませんけど」と、楽しげにしていた中村九段だったが、ここから対局者ばりにドキドキすることになった。都成七段の持ち時間が残り3秒、2秒、そして1秒と減っていくところでは「怖いですねー。いやー、あー、切れちゃう!切れちゃう!」と大慌て。チェスクロックが秒を刻む「ピッ、ピッ」という音に対して「あー、びっくりした。常に鳴るのはなんとかしてくれませんか」と肝を冷やした。

 さらに都成七段が、追い詰められながらも持ち駒の香を打ち込み、切り替えしたと思えたところでは「さすがですね。時間のない中」と評価したものの、香が狙いを定めた鈴木九段の角が逃げつつ金を取ると、都成七段にとっては攻めの要だった竜に当たってしまうことに気づき「あ、金を取ると竜、竜、竜、りゅりゅりゅりゅー」と嘆き、最後は言葉にならなかった。

 ベテラン棋士が大慌てになったシーンは、視聴者の爆笑を呼ぶこととなり「りゅりゅりゅ!」「ぶっこんできたwww」「実況系やな」「おさむ劇場になっとる」といった声がABEMAのコメント欄に殺到。極限状態で指す超早指しが、実にスリル満点であることがわかるシーンとなった。

◆第1回ABEMA師弟トーナメント 日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の着想から生まれた大会。8組の師弟が予選でA、Bの2リーグに分かれてトーナメントを実施。2勝すれば勝ち抜け、2敗すれば敗退の変則で、2連勝なら1位通過、2勝1敗が2位通過となり、本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで、チームの対戦は予選、本戦通じて全て3本先取の5本勝負で行われる。第4局までは、どちらか一方の棋士が3局目を指すことはできない。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】「光速の寄せ」について語る中村修九段
【動画】「光速の寄せ」について語る中村修九段
【動画】解説を務めた中村修九段
【動画】解説を務めた中村修九段