羽生善治九段、29期目の「一番長い日」広瀬章人八段と対局中 降級決定もファンからは復帰を望む声続々/将棋・順位戦A級
番組をみる »

 将棋の順位戦A級・最終9回戦が3月3日に行われ、羽生善治九段(51)と広瀬章人八段(35)が現在対局中だ。この日は、A級10人が一斉に対局を行い、数々のドラマが生まれることから「将棋界で一番長い日」とも呼ばれる。今期は既に名人挑戦者、降級者2人が決まっている中、来期につながる勝利を目指す戦いだ。羽生九段と広瀬八段の一局は、角換わりの出だしになった。

【中継】順位戦 A級 9回戦 最終一斉対局~将棋界の一番長い日~

 羽生九段は、今期まで名人9期を含め29期連続でA級を維持していたが、今期はここまで2勝6敗と成績がふるわず、下位2人までの降級者になることが決定。タイトル99期、棋戦優勝45回を誇るレジェンドの、B級1組への降級は各種メディアでも大きく取り上げられた。ファンからは、早くも来期活躍し、すぐにA級へ復帰することを期待する声が高まっている。

 広瀬八段は、今期ここまで4勝4敗。前半5局で2勝3敗と黒星が先行、早々に挑戦権争いから脱落してしまった。後半は2勝1敗でなんとか五分まで戻したが、本局に勝利するか否かで、来期の順位も大きく変わる。A級を維持するためにも、少しでもいい順位を続けていくことが重要だ。

 両者の対戦は過去に36回あり、羽生九段の21勝15敗。羽生九段が前人未到のタイトル100期に王手をかけていた竜王戦七番勝負の最終局で、広瀬八段が勝利しそれを阻んだ一局は、今も深く記憶に残るところだ。

 持ち時間は各6時間で、先手は広瀬八段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

羽生善治九段 将軍御膳 広瀬章人八段 将軍御膳

【昼食休憩時の残り持ち時間】

羽生善治九段 3時間5分(消費1時間55分) 広瀬章人八段 5時間19分(消費41分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)