斎藤慎太郎八段、史上5人目のA級全勝目指して熱戦中 糸谷哲郎八段と夜戦へ/将棋・順位戦A級
番組をみる »

 将棋の順位戦A級・最終9回戦が3月3日に行われ、糸谷哲郎八段(33)と斎藤慎太郎八段(28)が現在対局中だ。対局は午後6時からの夕食休憩までに55手目まで進行し、形勢は斎藤八段がやや有利、、残り持ち時間でも斎藤八段がリードしている。斎藤八段は開幕から無傷の8連勝で、すでに渡辺明名人(棋王、37)への挑戦を決めている。史上5人目となるA級全勝という快挙を、自身2度目の名人挑戦を前に達成できるか。

【中継】順位戦 A級 9回戦 糸谷哲郎八段 対 斎藤慎太郎八段

 過去には王座のタイトルも獲得したことがある斎藤八段が、この2年は特に順位戦での充実ぶりが光っている。昨期はA級初参戦ながら8勝1敗の好成績で名人挑戦権をゲット。名人戦七番勝負では渡辺名人の前に1勝4敗で敗れたが、今期もそれにめげずに第1局から連勝街道をスタート。タイトル保持者、経験者がずらりと並ぶ中、無敗のまま8つの白星を並べて、最終局を前に2期連続での挑戦を決めた。A級2期で16勝1敗は頭一つ抜けた安定感で、自身初の全勝を成し遂げてから、名人挑戦に弾みをつけたいところだ。

 対する糸谷八段も、あっさり負けられない。今期はここまで5勝3敗で、勝てば斎藤八段に続き、今期の2番手が確定。来期は2位という好位置からスタートできる。A級は名人の挑戦者については勝敗同数であればプレーオフで決めるが、降級者については勝敗同数の場合、前年成績をもとにした順位が下のものが降級する。長くA級に居続けるためにも、たとえ挑戦権を獲得できなくてもしっかりと勝ち越し、順位を上に保つことが重要だ。

 持ち時間は各6時間で、先手は糸谷八段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【夕食の注文】

糸谷哲郎八段 大海老天丼 斎藤慎太郎八段 浮月にぎり寿司10貫盛り

【夕食休憩時の残り持ち時間】

糸谷哲郎八段 1時間39分(消費4時間21分) 斎藤慎太郎八段 2時間30分(消費3間30分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】順位戦 A級 9回戦 糸谷哲郎八段 対 斎藤慎太郎八段
【中継】順位戦 A級 9回戦 糸谷哲郎八段 対 斎藤慎太郎八段
【中継】順位戦 A級 9回戦 最終一斉対局~将棋界の一番長い日~
【中継】順位戦 A級 9回戦 最終一斉対局~将棋界の一番長い日~