羽生善治九段、丸山忠久九段の“伝家の宝刀”一手損角換わりを受けて立つ 形勢互角で夜戦に突入/将棋・竜王戦1組ランキング戦
番組をみる »

 将棋の竜王戦1組ランキング戦の2回戦が3月7日に行われ、羽生善治九段(51)と丸山忠久九段(51)が午前10時から対局中だ。午後6時からの夕食休憩までに60手目まで進行し、形勢は互角、持ち時間では羽生九段が1時間リードしている。お互いの形も手がついていない状態で、ここからが本格的な戦いだ。

【中継】竜王戦1組ランキング戦 羽生善治九段 対 丸山忠久九段

 同じ1970年9月生まれ同士の対決は、今回が62回目。羽生九段が41勝20敗と大きくリードしている。竜王戦では2年前に挑戦者決定三番勝負でぶつかり、この時は2勝1敗で羽生九段が挑戦権を得た。

 手の内をよく知る同士の対局は、丸山九段が後手番から得意の一手損角換わりを採用。相手の得意戦法でも受けて立つ羽生九段もテンポよく指し進めている。形勢は互角だが、夜戦に向けて持ち時間を約1時間リードしていることが、この後の勝敗にどこまで影響を与えるか。

 持ち時間は各5時間で、振り駒の結果、先手は羽生九段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【夕食の注文】

羽生善治九段 上チラシ 丸山忠久九段 ヒレカツ定食・味噌汁

【夕食休憩時の残り持ち時間】

羽生善治九段 2時間5分(消費2時間55分) 丸山忠久九段 1時間8分(消費3時間52分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】竜王戦1組ランキング戦 羽生善治九段 対 丸山忠久九段
【中継】竜王戦1組ランキング戦 羽生善治九段 対 丸山忠久九段
【動画】藤井聡太竜王、誕生の瞬間
【動画】藤井聡太竜王、誕生の瞬間