鼻、痛っ!大型力士の“丸太級”の腕が顔面直撃し出血 解説者「痛くてびっくりして止まってしまうが若元春は止まらなかった」と称賛
番組をみる »

大相撲三月場所>◇三日目◇15日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 前頭九枚目・若元春(荒汐)と前頭十枚目・碧山(春日野)の一番で、碧山の強力なかち上げが若元春の顔面に直撃。若元春は取組を制したものの鼻を痛そうに押さえ、視聴者からは「鼻血出てるね」「痛かったやろーな」といった声が寄せられた。

【動画】鼻血に上を向く若元春

 「パチン」——立ち合い碧山が下からかち上げをかまし、図太い右腕が若元春の顔面を襲った。乾いた衝撃音が館内に響いたあと、攻めの手を緩めない若元春が前に出続け、最後は押し出しで若元春が碧山を下して2勝目を挙げた。取組終了後、若元春は鼻の出血を気にするように手やタオルで押さえていた。敗れた碧山は1敗目を喫した。

 巨漢・碧山の強烈なかち上げをくらった若元春について、ABEMAで解説を務めた元前頭・大岩戸は「かち上げって痛いだけなんですよね。痛くてびっくりして止まってしまう。でも若元春は止まらなかった」と説明。続けて「前に出ていく時には碧山はもう仰け反っているわけですから、押しやすいですよね。痛みに耐えればなんてことはない」と語った。

 鼻から出血した若元春の姿に、視聴者からは「わあ鼻血だ」「鼻血出てるね」「痛かったやろーな」といった声が寄せられたほか、一気に押し出しで勝った若元春を「強かった」「馬力凄いな」と称賛するコメントも相次いでいた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】腕を極められ苦悶の表情の照強
【動画】腕を極められ苦悶の表情の照強
【動画】鼻血に上を向く若元春
【動画】鼻血に上を向く若元春