助走ならぬ“助翔”敏捷力士が取組前にぴょん!とジャンプ 実況も「少し跳ねました」とチェック
番組をみる »

大相撲三月場所>◇三日目◇15日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 前頭九枚目・翔猿(追手風)と前頭十枚目・志摩ノ海(木瀬)の取組直前、翔猿が土俵の角で身軽にジャンプする気合い入れを披露。視聴者が「セクシー翔猿」「頑張れー!」と盛り上がる一幕があった。

【動画】仕切り前にジャンプする翔猿

 翔猿はこの日、取組前の仕切りの際に、土俵の角に立つと気合を入れるように高く跳躍。気迫溢れる姿に館内はざわつき、ABEMAで実況を務めた高橋大輔アナウンサーも「土俵上で少し跳ねました」と指摘した。

 その後の取組では、立ち合い翔猿が低く当たって右下手を取ったものの、対する志摩ノ海に左上手を取られ、右のど輪で圧力をかけられると後退。志摩ノ海に寄り切られて2敗目となる黒星を喫した。勝った志摩ノ海は1勝目を挙げた。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元前頭・大岩戸は「我慢してずっとおっつけましたね」と志摩ノ海を称賛。翔猿については「体勢が、腰が高いんですよ。少し半身。差してまわしを取ったのであれば、もっと頭をつけないといけないんですけど、逆に頭をつけられていました」と敗因を分析した。

 力強くジャンプした翔猿のルーティンに、視聴者からは「セクシー翔猿」「頑張れー!」「翔猿だけに?」「ウッキー」といったコメントが寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】仕切り前にジャンプする翔猿
【動画】仕切り前にジャンプする翔猿
【動画】土俵下で動けなくなった石浦
【動画】土俵下で動けなくなった石浦