「大丈夫だった? うん、大丈夫」宇良が見せた“咄嗟のハグ”にファン注目 土俵下に落下も衝突を回避
【映像】咄嗟のハグで衝突を回避する宇良 »

大相撲三月場所>◇五日目◇17日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 前頭筆頭・宇良(木瀬)と前頭筆頭・大栄翔(追手風)の一番で、突き出しで敗れた宇良が土俵下へと勢いよく落下。その際、待機していた小結・豊昇龍(立浪)をかばうように手を出し、抱きつくようにして衝突を回避。視聴者から「抱いた」「宇良かわいいw」といった声が寄せられた。

【映像】咄嗟のハグで衝突を回避する宇良

 立ち合い低く攻めた宇良は、突き放していく大栄翔に対して、土俵上を素早く動きまわりながら応戦。しかし最後は大栄翔の前に出る圧力に屈し、突き出しで敗れて土俵を割った。その際、敗れた宇良は土俵下へと勢いよく落下。座っていた豊昇龍とぶつかりそうになるも、とっさに“ハグ”するように豊昇龍の体を押さえて衝突を回避した。勝った大栄翔は3勝目。敗れた宇良は4敗目を喫した。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元小結・旭道山は「撹乱されないように、大栄翔さんは突っ張っていきましたね」と説明。続けて「かまして中に入ろうとする宇良さんの立ち合いはいいですよ」と宇良に言及しつつ、「大栄翔さんがよく見て、手数でガンガン突っ張って相手を起こして前に出ようという姿勢でした」と分析した。

 土俵下で宇良が豊昇龍に“ハグ”するかのようなシーン。その後、互いに声を掛け、頷き合う様子に視聴者からは「抱いた」「押し倒されるビャンバ」「宇良かわいいw」「大丈夫だった?うん大丈夫」といった反響が相次いで寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】咄嗟のハグで衝突を回避する宇良
【映像】咄嗟のハグで衝突を回避する宇良