サバンナ高橋茂雄、羽生善治九段の復活劇への期待「タイトル戦で藤井聡太竜王とのドリームマッチが見たい」
番組をみる »

 2021年度の将棋界は、世代交代を象徴するような大きな出来事があった。五冠を保持する藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)が初めて順位戦A級に昇級し、それと入れ替わるようにタイトル99期を誇る羽生善治九段(51)が、名人9期を含み29期連続で維持していたA級から陥落したからだ。どちらも将棋界が生んだ天才棋士であることに変わりはないが、その2人がA級ですれ違うというのも、運命的なものがある。これに将棋ファンであるお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄は「50歳でA級にいたこと自体がすごい」と語り、さらには羽生九段の大復活と、ファンの夢でもある藤井竜王と羽生九段によるタイトル戦に思いを馳せた。

【動画】羽生善治九段、最近の対局

 タイトル通算99期、棋戦優勝45回、七冠独占、永世七冠。長い将棋界の歴史にあって、誰も届かないような記録をいくつも作った羽生九段が、ついにA級棋士でなくなる。27年ぶりにタイトル無冠になった時にも大きなニュースになったが、今回の陥落もまた各メディアで取り上げられた。ただ、この数年で将棋のファンになった高橋からすれば、成績が落ちていくというよりも、50代に入ってもなお、トップレベルで戦い続けていることに驚いている。「藤井さんが19歳でA級に入るのを目の当たりにしてすごいなと思うんですが、羽生さんが50歳までそこにいることの方がすごいじゃないですか。そこにいるのが大偉業ですし、2019年までタイトルも持っておられたんですから」と、次々と出てきた若き才能を跳ね除けてきたことの方に目を向けた。

 2021年度の勝率だけを見れば、5つのタイトル戦も戦いながら8割を超えた藤井竜王と、プロ入りしてから初めて5割を切った羽生九段。羽生九段からすれば、かなり分が悪く見える。目前に迫るタイトル100期についても、藤井竜王がタイトルを取れば取るほど「あんな強い藤井さんというモンスター、チャンピオンを番勝負で倒さないといけないんだから、相当大変ですよね」と、現実も見る。ただやはり、ファンとしては平成時代にタイトルを総なめ状態にしてきた羽生九段、それと入れ替わるように登場した藤井竜王という2大スターによるタイトル戦を見ずには終われない。「ここから羽生先生の最後のぶんまわしを見てみたいんですよね。タイトルに絡めば、必然的に藤井先生と戦うし、それは羽生先生ご本人も望まれていると思う。将棋ファンとしてはめちゃめちゃドリームマッチなので、叶えてほしいです」と、素直な気持ちを表現した。

 羽生九段は来期、何もアクションがなければ30期ぶりにB級1組で指す一方、同世代の森内俊之九段(51)らがそうしたように、A級陥落を機にフリークラスへの転出するのでは、という声もある。その選択は本人知るよしもないが、ファンは一局でも多い羽生九段の対局を望み、その最上級である「藤井-羽生」のタイトル戦を、ずっと待っている。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】羽生善治九段、最近の対局
【動画】羽生善治九段、最近の対局