若隆景の強い相撲に元若乃花「今場所は大関のための足がかりの場所」と期待 相撲ファンも「ひと皮剥けた感じ」
【映像】若隆景の“ひと皮剥けた”強い相撲に元若乃花が期待 »

大相撲三月場所>◇中日◇20日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 関脇・若隆景(荒汐)が前頭筆頭・宇良(木瀬)を寄り切りで下した一番で、取組後、ABEMAで実況を務めた元NHKの藤井康生アナウンサーが「若隆景、良い力士になってきましたね。十分、大関に向かっていけるのではないでしょうか」とコメントすると、同じく解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「もう行って欲しいですね。私は今場所は大関のための足がかりの場所になっていると思う」と同意した。

【映像】若隆景の“ひと皮剥けた”強い相撲に元若乃花が期待

 宇良との一番では、回り込む相手に常に正対し、下からの攻めで上体を起こし、最後は力強く一気に前に出て寄り切りで下した。若隆景はこれで7勝目、全勝の前頭七枚目・高安(田子ノ浦)をピタリ1差で追う。一方の宇良は7敗目を喫した。

 この取り組みを受け、花田氏は「(若隆景は)落ち着いて相手を見てますよね。常に正対し、真ん中に体を持ってきています。宇良のようにいろいろ仕掛ける力士にとっては一番嫌な戦い方なんです」と解説。大関への大きな期待も込めていた。

 若隆景の強い相撲に相撲ファンからは「今年飛躍の年かもしれませんね」「今の勢いだったら大関戦もいけそう」「若隆景は今場所、ひと皮剥けた感じ。体も大きくなったし、安定して力を出せれば大関も近い」といった声がネット上に寄せられていた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】若隆景の“ひと皮剥けた”強い相撲に元若乃花が期待
【映像】若隆景の“ひと皮剥けた”強い相撲に元若乃花が期待