「遠藤みたいなイケメンになりたい」張り手を食らい落下するも凛々しい表情で土俵に戻る力士の姿に相撲ファンうっとり
【映像】土俵上に凛々しい表情で戻ってくる遠藤の姿にうっとり »

大相撲三月場所>◇九日目◇21日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 前頭四枚目・遠藤(追手風)と、大関・貴景勝(常盤山)の一番で強烈な張り手の応酬が繰り広げられ「すげえ戦いや」などといったコメントが寄せられた。最後は両者土俵下に転げ落ちる激しい相撲となったが、土俵上に戻ってくる遠藤の凛々しい姿に相撲ファンからは「遠藤かっこよ!!!」「遠藤みたいなイケメンになりたい」などの声も寄せられた。

【映像】土俵上に凛々しい表情で戻ってくる遠藤の姿にうっとり

 立ち合い、貴景勝より低くあたっていった遠藤。その後、貴景勝はぶつかっていくも、遠藤相手にペースを掴めない。張り手の応酬も繰り広げられたが、遠藤は落ち着いて右を差し、最後は寄り倒した。遠藤は6勝目、貴景勝は3敗目を喫した。

 この取組を受け、ABEMAで解説を務めた元小結の臥牙丸は「張り差しされて怒ってしまうと相手のペースになる。遠藤関も怒ったような様子もありましたが、冷静に相撲を取っていましたね」とコメント。さらに張り差しについては「痛めようと思ってやっているのではなくて、怒らせて相手をバタバタさせたいという狙いもあったんだと思う」と推測していた。

 この解説を聞いていた相撲ファンからは「遠藤、冷静ってすごいな」「遠藤強い」といった声が寄せられたほか、勝敗が決した直後の遠藤の凛々しい表情を受け「イケメンだな」「遠藤かっこよ!!!」「遠藤みたいなイケメンになりたい」といったコメントも届いていた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】土俵上に凛々しい表情で戻ってくる遠藤の姿にうっとり
【映像】土俵上に凛々しい表情で戻ってくる遠藤の姿にうっとり