佐藤康光九段、新機軸の指名がまさかの重複「予定外でした」生まれたチームは“羽生世代三人衆”/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 独創的な棋風で知られる“会長”も、考えもしなかった事態に面食らった。プロ将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」のドラフト会議が4月2日に放送された。日本将棋連盟の会長でもある佐藤康光九段(52)は2大会連続で森内俊之九段(51)、谷川浩司九段(59)とチームを組んでいたが、今年は会議冒頭にチームを変えると宣言。1巡目に松尾歩八段(42)を指名したものの、山崎隆之八段(41)と重複し、抽選ではずれ。「予定外でした」と慌てることになった。

【動画】ドラフト会議指名結果と予選リーグ組み合わせ

 3大会連続でレジェンドチーム結成。関係者、ファンの多くが想像していたところを、いい意味で裏切るのが、斬新な佐藤会長らしい。「今年はメンバーを変えようと思って。誰か初めて出る方を選ぼうと思っていた」ところで、松尾八段の名を書いたが、ここでまさかの事態が起きた。同じく独特な棋風の持ち主、山崎八段とかぶったからだ。「ひょっとしたらとは思ったんですが、その後のことは考えていなかった」と、さすがに苦笑い。オリジナリティ溢れる2人が、ここで同じ棋士を指名するからおもしろい。

 結果、くじを外したことで「当初の予定で全く考えていない人選になりました」。改めて1巡目で指名した郷田真隆九段(51)は、またも豊島将之九段(31)とかぶり、2度目の抽選。ここはなんとか当たりくじを引いた。「昨年のチーム康光が、とどめを刺されたのが郷田さん。今年は寝返って、じゃないですが頑張ってほしいと(笑)」。続く2巡目もサプライズ。同世代の先崎学九段(51)を選んだ。「彼とは奨励会時代から一緒に修行をしてきた仲。5分や10分の切れ負けをよく指していたので、昔の修行を活かしてほしいし、早指しの棋戦で優勝した実績もありますからね」と、大舞台での活躍を願った。

 予定とは異なったが、いわゆる「羽生世代」の3人が揃い、往年の力を見せつけるということになった。「相変わらず平均年齢が高い。自分自身、負け越しが続いていて痛感しているので、自分自身を鼓舞したいですね」と、まずは予選突破を目指す。よく知る2人を仲間とした策士・佐藤九段。ただで終わるはずがない。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】ドラフト会議指名結果と予選リーグ組み合わせ
【動画】ドラフト会議指名結果と予選リーグ組み合わせ
【動画】藤井聡太竜王、3人重複で当たりくじ引き当て笑顔
【動画】藤井聡太竜王、3人重複で当たりくじ引き当て笑顔
【動画】藤井聡太竜王、先輩棋士の「藤井キラー」発言に大ウケ
【動画】藤井聡太竜王、先輩棋士の「藤井キラー」発言に大ウケ