渡辺明名人、形勢有利で57手目を封じ手 名人再挑戦の斎藤慎太郎八段、どう巻き返すか/名人戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の名人戦七番勝負の第1局が4月6日に行われ、57手目を渡辺明名人(棋王、37)が封じ手とし、1日目が終了した。翌7日、午前9時ごろに封じ手が開封され、挑戦者の斎藤慎太郎八段(28)の手番で再開する。形勢では渡辺名人が有利と見られ、持ち時間でも1時間半以上渡辺名人がリードしている。

【中継】名人戦七番勝負第一局 1日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段

 昨年も両者間で行われた名人戦七番勝負は、渡辺名人が4勝1敗で初挑戦の斎藤八段を退けた。開幕局こそ斎藤八段が勝利したものの、第2局からは渡辺名人が一気の4連勝。早い段階からリードを奪う対局もあり、渡辺名人の研究の深さが際立つシリーズでもあった。斎藤八段も敗戦を糧に今期の順位戦A級では8勝1敗の好成績で、2期連続での挑戦者に。リベンジマッチで初の名人獲得を狙っている。

 注目の戦型は相矢倉になり、両者ともに研究範囲なのか午前中から早いテンポで指し手が進んだが、午後に入ると渡辺名人が3筋、さらには玉頭となる4筋に攻めの糸口を作り、ここから徐々にペースを握った。持ち時間の消費具合から見ても、渡辺名人が指しやすい状況であることは間違いなさそうだ。

 持ち時間は各9時間の2日制で、振り駒の結果、先手は渡辺名人。第2局以降は先手・後手が交互に入れ替わり、第7局まで進んだ場合は再度振り駒となる。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

渡辺明名人 5時間53分(消費3時間7分) 斎藤慎太郎八段 4時間12分(消費時間4時間48分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】名人戦七番勝負第一局 1日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
【中継】名人戦七番勝負第一局 1日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
【中継】名人戦七番勝負第一局 1日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段(マルチアングル)
【中継】名人戦七番勝負第一局 1日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段(マルチアングル)
【中継】名人戦七番勝負第一局 1日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段(マルチアングル)