開幕カードはチーム永瀬とチーム羽生の激突 ファン予想はチーム永瀬勝利が71.3%/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Aリーグ第1試合が4月16日に放送される。大会の開幕カードとなったのはチーム永瀬とチーム羽生。両チーム合わせて6人全てが大会出場経験のある棋士で、初戦からフィッシャールールに適応した好勝負が見られそうだ。

【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ第一試合<チーム永瀬VSチーム羽生>

 チーム永瀬はリーダー永瀬拓矢王座(29)がドラフト会議で3大会連続で増田康宏六段(24)を指名。エースとして期待を寄せた。また2巡目には斎藤明日斗五段(23)を選び、大会期間中での飛躍を求めている。対するチーム羽生は羽生善治九段(51)、佐藤紳哉七段(44)、中村太地七段(33)と昨年と全く同じ構成。チームとしての成熟度で、昨年のベスト8以上の成績を目指す。

 注目の開幕戦を前にABEMA将棋チャンネルでのTwitterアカウントで勝敗予想アンケートを実施。2248人が回答し、チーム永瀬の勝利を予想した人が71.3%だった。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ第一試合<チーム永瀬VSチーム羽生>
【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ第一試合<チーム永瀬VSチーム羽生>
【動画】ドラフト会議指名結果と予選リーグ組み合わせ
【動画】ドラフト会議指名結果と予選リーグ組み合わせ