優勝へ譲れない3人テンパイ 張り詰めた空気と響く打牌音と息遣いに解説まで「鳥肌が立ちましたね」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 これぞファイナル、極限の戦いだ。プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズ、4月22日の第1試合、トップをかけた3者の争いに視聴者は熱狂。解説も思わず感情移入し、中継が大いに盛り上がる一幕があった。

【動画】打牌音と息遣いが響き続ける白熱の戦い

 注目のシーンは南4局。わずか200点差でトップを争う渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)とセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、そして3着目から逆転トップを期すKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)の3者がテンパイでぶつかった。

 まずアガリへの特急券、中を暗刻にしている日向が9索ポン、4筒チーで4・7筒待ちのテンパイ。これに対して岡田がソウズのメンホンで中単騎待ちのテンパイ、これを即リーチ。近藤は危険牌の南を引くと1度は迂回するも、この南を重ね、ドラ1筒暗刻で高目2索は234の三色同順という超大物手をテンパイした。

 しかしテンパイ時に打ち出す6筒は日向に通っていない。オリはほぼないが、リーチで1000点を供託するとトップから一時的に転落し、岡田がツモれば最悪の3着落ちまであり得る。この状況に近藤は思わずのけぞり、こめかみを両手で押さえて長考。岡田はじっと目を閉じ、打牌を待つ。視聴者からは「わーこれはムズい」「お父ちゃん行け!」「これ夢芝居すぎんだろやべー」と興奮のコメントが殺到した。

優勝へ譲れない3人テンパイ 張り詰めた空気と響く打牌音と息遣いに解説まで「鳥肌が立ちましたね」/麻雀・Mリーグ

 近藤の決断は追っかけリーチ。5索はすでに山になく、高目の2索が1枚残っている。日向はここでもしオリに回り、その後に安全牌に窮すれば、暗刻の中を選び岡田に放銃という未来もある。岡田は苦悶の表情を浮かべ、1牌ずつ力を込めてツモり、日向も仲間の思いを背負い一手も引かない。空気は張り詰め、乾いた打牌音が響く。

 近藤がハイテイ牌の南を力強くツモ切って、結果は流局となった。息を呑み、趨勢を見守った視聴者は「これは名局!!」「ひえー息できない」と興奮のコメントを投稿し、この日のゲスト解説を務めていたU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)は「鳥肌が立ちましたね。息遣いから、緊張感がすごく伝わってきます」と絞り出すように語っていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】大きな1勝に笑みがこぼれる魚谷侑未
【動画】大きな1勝に笑みがこぼれる魚谷侑未
【動画】打牌音と息遣いが響き続ける白熱の戦い
【動画】打牌音と息遣いが響き続ける白熱の戦い